日々の気づき

日々の体験や出来事を綴っていきたいと思います。自分が感じたこと気づいたことを短い文章でお伝えします。皆さまの光の糧となれば幸いです。

《日々の気づきへようこそ!》
日々体験した出来事から自分の気づきをお伝えします。深い暗闇の終わりが来るために、隠された真実を探求していきたいと思います。目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴っていき、短い文章の中にも明るい希望を込めたいです。読者の皆さまに幸せと真実という光が広がっていくことを願っています。

ウィキペディアによると、ダライ・ラマ14世(1935年-)は、第14代ダライ・ラマ(在位:1940年-)で、法名はテンジン・ギャツォです。1935年、アムド地方(現在の青海省)の農家に生まれ、幼名をラモ・トンドゥプといいました。4歳の時にダライ・ラマ14世として認定され、1940年に即 ...

2月のセッションで「地下の掃除が終わっていない」と伝えられました。地下は「裏インド」という大きな闇のエネルギーがある所です。闇の解除・統合のために地上に光を降ろして来たので、裏インドの闇が地下に逃げているようでした。ヒプノセラピーでは、裏インドの闇の正体が ...

《玄冶店 濱田家 - Wikipedia》によると、玄冶店 濱田家(げんやだな はまだや)は、東京都中央区日本橋人形町に本店を構える老舗の料亭です。店主は三田芳裕で、先代は明治座の元会長三田政吉です。「濱田家」の名は、花街として知られた現在の人形町周辺にあたる芳町の芸者 ...

東北新社の創業者・植村伴次郎(1929年-2019年)のウィキペディアには、「戦時中は、群馬県小泉町にあった中島飛行機の工場で学徒動員を経験した」と記されています。過去のワークでは、中島飛行機の工場には地下壕や地下施設が付随していました。今から考えると松取りが行われ ...

2月24日、総務省は、菅義偉首相の長男・正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、利害関係者からの違法接待と認め、11名を処分しました。日刊ゲンダイデジタルの記事《菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?》には、違法接待を繰り返し行 ...

2月4日、数日前から左耳が火照るようになり、闇の解除のサインだと感じていました。感覚的に左耳は、日本列島における秋田県の男鹿半島辺りでした。ワークの流れからすると、湧水のある光の場所を封じるための松取りの場所かもしれないと感じました。「男鹿半島×湧水」でネ ...

クリスチャントゥデイの創業者・高柳泉が留学していた米国オリヴェット大学から張在亨(チャン・ジェヒョン)に繋がりました。張在亨(1949年-)は、韓国出身でアメリカのキリスト教福音派の指導者、牧師、神学者で、韓国クリスチャントゥデイ設立者、オリヴェット大学設立者です ...

↑このページのトップヘ