日々の気づき

日々の体験や出来事を綴っていきたいと思います。自分が感じたこと気づいたことを短い文章でお伝えします。皆さまの光の糧となれば幸いです。

《日々の気づきへようこそ!》
日々体験した出来事から自分の気づきをお伝えします。深い暗闇の終わりが来るために、隠された真実を探求していきたいと思います。目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴っていき、短い文章の中にも明るい希望を込めたいです。読者の皆さまに幸せと真実という光が広がっていくことを願っています。

世界三大社会奉仕団体のキワニスクラブ、ライオンズクラブ、ロータリークラブの中で、一番大きな影響力を持つのが「ロータリークラブ」だと感じていました。《闇の利権が潜むWHOの大口出資者であるビル&メリンダ・ゲイツ財団》にありますが、世界保健機関(WHO)の予算を提供す ...

8月11日の大阪水上隣保館が運営する児童養護施設・遥学園(大阪府三島郡島本町山崎)の記事で、施設長を調べていると「子供達のための国際奉仕団体 西宮キワニスクラブ」のサイトに行き当たりました。「キワニスクラブ」は初めて聞く団体名であり、気になったので調査とワーク ...

ウィキペディアによると、『タリバン、または自らを「アフガニスタン・イスラム首長国(IEA)」と称する団体は、アフガニスタンにおけるデオバンド派のイスラム主義運動・軍事組織、国際テロ組織であり、アフガニスタンで戦争(反乱、ジハード)、テロを展開し、2021年8月15日時 ...

アフガニスタン紛争は、侵略者が先住民を支配し搾取する構図で行われてきました。侵略者は、先住民の松取り(松果体収穫)を行うために、先住民の一部を人間の欲を刺激し、金品で釣って支配下に入れます。侵略者の一味となった先住民が松取りの現場作業をするのです。アフガン ...

8月16日、毎日新聞の「タリバンが勝利宣言 アフガン首都制圧"戦争は終結した"」のニュース記事を目にしました。『アフガニスタンの旧支配勢力タリバン政治部門トップのバラダル師は15日、首都カブールを制圧したことに関連してビデオ声明を発表した。「主要都市が1週間で陥 ...

イベルメクチン反対派の動きとして、4月5日の朝日新聞の言論サイト「論座」に「日本のイベルメクチン狂騒曲に見る危険性」という船戸真史(ふなとまさふみ)医師の論説が掲載されました。『米国から見ていて日本は「狂騒曲」とも呼べる状況になっており、大きな危惧を抱かずには ...

東京五輪後の東京の新型コロナ感染者数が急増し、制御不能な状況が続いています。朝日新聞デジタルによると、1週間平均の新規感染者数は、前週の18%増となる4631人で、3週連続で過去最多を更新しており、災害レベルで感染が猛威を振るう非常事態が続いています。新たな対策を ...

↑このページのトップヘ