Naruto_Whirlpools_taken_4-21-2008


これまでのワークから徳島県-北海道の創価学会の松利権工作ルートがある見ていました。《家族会の創設者・横田滋の父親から繋がる松利権の工作拠点・北海道栗山町》に書きましたが、家族会の設立者・横田滋の父・横田庄八が北海道の旧制北海中学(北海高校)を卒業して、徳島県に渡り、再び北海道に戻っていることが不可解でした。日本ハムの創業者・大社義規も徳島県徳島市で「徳島食肉加工場」を創業しています。

 

ヤマサ醬油の歴史に深く関わる関寛斎も徳島藩の医者になり、最終的に北海道陸別町に渡って開祖となっています。また、徳島県知事の飯泉嘉門は、2021(令和3年)92日まで全国知事会会長でした。全国知事会、全国市長会、全国町村会などの全国首長会のトップは、大きな松利権を持つ首長が就くと分かっていました。徳島県-北海道は、古くからのロスチャイルド・創価学会系の利権工作ルートがあると感じます。

 

かなり古い時代では、渡来人の「忌部氏(いんべうじ)」が光を封じる闇の仕事をして来たと分かっています。阿波忌部は、麻を広げていったと言われていますが、その逆で、麻の光を術で封じる役割だったと思います。阿波忌部は、海路で房総半島に渡り、関東一帯に神社をつくりながら松取り(松果体収穫)も含めて土地を封じる仕事をして来たのです。大きな闇の力を持つ渡来人・阿波忌部が根付いた土地なので、それを引継ぐ人間も当然いるはずです。

 

現在の徳島の地にも、大きな闇の仕事をする黒幕となる人物がいると見ていました。いろいろと思案する中で、1人の人物に可能性を感じました。大相撲の元横綱・白鵬の妻の父親です。5年以上前に、光の講座の参加者の方から白鵬の義父の話を聞いて、本人に光を降ろした記憶があります。白鵬の義父について、今回は、しっかりと情報収集をして、ワークをしていくことにしました。wikiによると、白鵬は20072月に有力後援者(タニマチ)の娘と結婚しました。

 

2010221日に東京都内で結婚披露宴を行った。なお引退直後の朝青龍は姿を見せず、祝電が届くのみであった。227日には夫人の出身地である徳島県鳴門市にある大塚国際美術館でも結婚披露宴を行っている』と記されています。そのタニマチが徳島県出身の和田友良です。和田友良のウィキペディアは過去に存在していたようですが、削除されたようで、現在は見つかりませんでした。《和田 友良 - Webcat Plus》に証拠が残されていました。

 

『和田友良 (1952-) 和田 友良(わだ ともよし、1952 - )は、日本の実業家。徳島県出身。横綱白鵬の義父。[人物] 徳島市内で「和田林業」を営む以外にも、福祉施設や自動車教習所の経営など、多角的に事業を展開する卓越した経営手腕を発揮し、弘和薬品の筆頭株主になるなどして徳島経済界に君臨した。ほかに、日本林業経営者協会理事、社会福祉法人すだち会理事長、山と木と緑のフェア実行委員会委員長などの要職を歴任。

 

格闘技にも造詣が深く、ビッグマウス・ラウド最高顧問、空手道POINT&K.O.ルール協会最高顧問、朝青龍全国後援会会長などを務めた。写真撮影にも造詣が深く、少女の裸の写真を撮ったとして20066...  Wikipedia」より』と記載されていました。かなり手広くやっている実業家のようです。別のサイトにも和田友良のプロフィールが載っていました。《HMV&BOOKS online》には、『和田友良 プロフィール 1952年、徳島県生まれ。

 

1973年、大学中退。現在、米国公益法人和田国際交流財団理事長、和田林業株式会社代表取締役社長、米国公益法人ライナス・ポーリング記念財団最高顧問、全国水墨画美術協会最高顧問、全国俳画普及協会最高顧問、総合格闘技頂上会最高顧問等30を超す役職に就任。在日タジキスタン共和国大使館名誉大使、中国嵩山少林寺名誉少林武術師範、ユーラシア系東流空手道連盟副会長、ロシア連邦スポーツ省よりスポーツ功労賞、

 

ライナス・ポーリング博士が初代理事長を務めた研究所より名誉経営学博士号、ライナス・ポーリング記念財団より「国際栄誉賞」等を受く』とありました。こちらのプロフィールの方が明確で分かりやすいです。30を超える役職に就任し、数多くの褒章を受けているので、かなりの利権を有する裏の大物であることを漂わせます。『「悪魔との対話」という形式をとって人生論を説く』と謳っている超一流の成功哲学」の著書も出版しています。武道や格闘技に携わり、金儲けに優れていることから、術師でもあると感じます。

 

現役時代の白鵬の傲慢な態度には、呆れることが多かったです。白鵬に対して、日本相撲協会の八角理事長、宮城野部屋の親方、横審などが弱腰で、ニュースになるほどの傍若無人の言動だったのは、義父という大物のバックがあったからでしょう。白鵬の義父・和田友良、白鵬に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「ロリ。松喰い。ワニ」「知恵がないモンスター系。叡智を抜かれている。悪知恵は働く」と伝えられました。(つづく)