Remote_Natural_Gas_Well_(8743405319)


東北電力の社長・樋口康二郎、東新潟火力発電所の所長・青木久彦と北蒲原郡聖籠町東港の所在地に闇の解除・統合を意図して、各々に光を降ろすと「渦巻」「渦巻」「地下あり」と伴侶が伝えて来ました。目に見えないエネルギーの「渦巻」は、カタカムナの術と同様に、エネルギーを低下させるための隠す闇だと捉えています。過去の新潟共同火力発電で東北電力と出資していた日本軽金属の調査とワークも行いました。

 

ウィキペディアには、『日本軽金属株式会社は、日本軽金属ホールディングス傘下のアルミニウムの総合メーカーである。20143月までに日本で唯一アルミニウムの製錬工場を国内に持っていた。アルミニウムの加工品の他、酸化アルミニウム(アルミナ)や水酸化アルミニウムなどの化成品の製造を行っている。2012年、持株会社である日本軽金属ホールディングス株式会社を設立し、その傘下の事業子会社となった。

 

旧古河財閥と関りが深く、古河グループの一員である。古河系企業が旧第一勧業銀行(現・みずほ銀行)をメインバンクとしていた関係から旧渋沢財閥が戦後財閥解体により再編し、第一勧銀グループを結成した際は、他の古河系企業と共に第一勧銀グループに参加している。カナダの世界的アルミニウムメーカーであるアルキャン(現・リオ・ティント・アルキャン)と提携した。現在もアルキャングループのアジアでの拠点となっている』と記載されています。

 

日本軽金属は、歴史的にも渋沢栄一と深く関係していました。過去のワークから渋沢栄一は、日本の松システムというアドレノクロムネットワークを構築する仕事を成した中核人物だと分かっています。みずほ銀行(旧・第一勧業銀行)も渋沢財閥と深い縁があり、松システムのメインバンクの役割を担っていたと感じます。1119日のNHK NEWS WEBでは、みずほ銀行グループの社長と頭取が辞任することが伝えられています。

 

8回のシステム障害が相次いだ、みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長が経営責任を明確にするため、再発防止の態勢が整った段階で辞任する意向を固めることになり、また、みずほ銀行の藤原弘治頭取も交代する方向で、大手金融グループの経営トップが辞任する事態になっています。みずほ銀行のワークは終えており、松システムの金庫番だったみずほ銀行は、暗黒の役目の終焉を迎えています。

 

みずほ銀行グループにとっては、カルマの解消のための出来事であり、大きな闇の役割を終える大きな変化が訪れていると感じます。日本軽金属株式会社の代表取締役社長・岡本一郎と東京都港区新橋1丁目の本社所在地に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「松」「いいです」と伝えられました。やはり日本軽金属は、地下経済に直結する松利権ネットワークにおける重要な闇の役割を成していたと感じます。

 

東新潟火力発電所のwikiには、『この基地からはパイプライン(総延長251km)を介して、東北天然ガスが新潟火力発電所や新仙台火力発電所へ天然ガスを供給を行っている』と記述されています。「東北天然ガス」が気になりました。ウィキペディアには、『東北天然ガス株式会社は、東北電力と石油資源開発の共同出資による企業。石油資源開発が所有する新潟-仙台間パイプラインおよび山形市・郡山市への支線を中心に、沿線の一般ガス事業者や大口需要家への天然ガスの供給を行う。

 

沿線から離れた事業者に対しては、鉄道コンテナやタンクローリーでの輸送も行っている。1993(平成5)78 - 東北天然ガス企画株式会社として設立。1996(平成8)1017 - 東北天然ガス株式会社に社名変更。2007(平成19)31 - 白石・郡山間ガスパイプライン運用開始』と記されています。東北天然ガス株式会社のトップを知るために公式サイトを調べても代表者の名前が掲載されていませんでした。

 

「ご挨拶」の文章はありましたが、挨拶した人の氏名が記載されていないのです。多くの会社の公式サイトを見て来ましたが、氏名がない挨拶は初めてであり、非常に不可解でした。ネット検索で入手した令和372日の特定ガス導管事業者のリストから東北天然ガスの取締役社長・小東直貴と分かりました。東北天然ガス株式会社の社長と宮城県仙台市青葉区国分町の本社に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「創価。反社」「いいです」と伝えられました。

 

東北天然ガスの共同出資会社の1つである石油資源開発(略称JAPEX)は、日本国内外の石油、天然ガス資源の権益を有し、開発・生産・輸送・販売までを一貫して行う大手石油開発会社です。北海道、秋田県、山形県、新潟県の油田、ガス田にて採掘を行います。官営企業から民間企業に転身しています。研究部門では、GTL燃料、メタンハイドレート、オイルサンドの研究開発も手がけています。

 

パイプライン輸送に関しては日本屈指の技術力を有しており、サハリン沖からの天然ガスパイプライン計画にも参画しています。石油資源開発の社長・藤田昌宏、東京都千代田区丸の内にある本社所在地に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「半島か中国」「いいです」と伝えられました。ウィキペディアによると、石油資源開発は、官営企業だったということで、経済産業省の大臣が大株主となっています。とても違和感を覚えます。

 

『経済産業大臣34.00%、日本マスタートラスト信託銀行(信託口)8.36%、国際石油開発帝石4.99%など』となっています。今回のエネルギーワークと塩水とマグネシウムによる発電が現実化している状況を鑑みると、石油、天然ガスなどのエネルギー資源の世界は真実が隠されていると感じます。松利権とエネルギー利権の一挙両得の嘘の仕組があると見ています。真相を解明するためには調査とワークを積上げていくしかありません。隠された闇の仕組が終わりになることを願っています。(おわり)