Olga_Monument


2
13日、朝起きると、夢の中で「変わった」と伝えられた感じを覚えていました。何が変わったのか分かりませんでしたが、今まで経験したことがないほど心地よく安らかに眠ることができて、爽やかな目覚めでした。夢で「変わった」と伝えられたけれども、一体何が変わったのだろうかと思案していました。ロシアのウクライナ侵攻が始まってから色々と情報収集している中で、「2022213日」とある一文を見つけました。

 

Guts Diary》の「トランプ大統領曰く、この3週間が凄い21日間になると話していました!」記事の引用ブログ《guanyin15のブログ》には『いつも僕がフォローしているホリーさんがもう公式的にロシア・プーチン大統領はスイフトシステムから完全に2022213日から 離れて、一切使っていません!」とありました。226日、米国と欧州各国は、ロシアがウクライナへ侵攻したことに対する金融制裁として、一部のロシアの銀行をSWIFTから排除することを決定しました。

 

Wikipediaには『国際銀行間金融通信協会(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)略称: SWIFT(スウィフト)とは銀行間の国際金融取引を仲介するベルギーの協同組合。提供される決済ネットワークシステムも「SWIFT」と呼ばれる。金融機関向けに主に自社開発の「SWIFTNet」、「SWIFTコード」として一般に知られているISO 9362ビジネス識別子コード(BIC)を使用するソフトウェアやサービスなどを販売している』と記されています。

 

どうやら従来のSWIFT(スウィフト)は、DSによって松システムの決済、裏資金の送金などマネロン(マネーロンダリング)として使われて来たシステムのようです。SWIFTが「ベルギーの協同組合」で、どうしてベルギーなのか疑問になります。ベルギーと言えば、欧州連合(EU)の本部がベルギーの首都ブリュッセルにあります。《国連のワークから示唆される松果体利権を分配するための組織》でワークを行った国連総会初代議長がベルギーの政治家です。

 

国連総会初代議長のポール=アンリ・シャルル・スパーク(1899-1972年・ベルギー)です。ベルギーは欧州の裏の拠点にもなっていたと感じます。国連のワークでは「国連はシンボルの通り、松をいかに分配するかの組織」と伝えられました。国連が松利権を関係各国に分配しているのです。また、引用ブログには『皆さんも知っていると思いますが、逆に天使軍はもうスウィフトシステムを完全廃止する事に同意しています。

 

全部クワンタム銀行システムを通してお互いにお金を送ったり、送金が出来る様になります。その為、これも表では制裁だと話していますが全く制裁では ありません!これも映画の一部で言っているだけです!』と記されています。SWIFTは、松の分配金や闇金の送金システムだったのです。この闇の送金システムを終わりにして裏で悪用できない新システムの「クワンタム銀行システム」が稼働しているようです。

 

Paradise‐Earth》の記事「 新しい金融システム「 #QFS (Quantum Financial System)」のすべてを」」には、"量子金融システム(QFS)についての解説があります。『QFSは、中国のエンジニアリングチームが、アライアンスの他のメンバーのエンジニアリングチームと共同で開発した金融システムです。QFSの大きな特徴は、銀行員はグローバル保証口座監督者の許可なしには、これらの資金にアクセスできないことです。

 

この量子コンピューターシステムは、世界中のすべての銀行口座にあるそれぞれの通貨にデジタル番号を割り当て、それをリアルタイムで監視しています。そのため、通貨がどこに行ったのか、いつ送金されたのか、誰があなたのログイン情報を使って送金したのか、そしてどの口座が受け取ったのかが正確にわかります。金融奴隷と国民の支配をなくすために発明された新しいシステムです』とあります。

 

裏で松の金の分配に使っていたSWIFTシステムから量子金融システム(QFS)に移行しているのです。DSなどの金による奴隷支配の闇の仕組を終わりにする動きです。SWIFTからQFSへの移行について、個人的に思い当たることがあります。私がネットバンキングに使っているのは、数えきれない程、システムトラブルを起こしてきた「みずほ銀行」です。みずほ銀行は、松システム構築の渋沢栄一が設立した日本最初の銀行・第一国立銀行が源流です。

 

松システムのメインバンクだったのです。松のカルマの解消として幾度もシステムトラブルを起こして晒されていると捉えています。そのみずほ銀行から、詳細な個人情報を入力・登録するように20219月末期限で、要請されていました。みずほ銀行はマネロン防止のためという名目ですが、これがある意味で、QFSへの移行の準備だったと感じます。もう1つ思い当たるのが「スタンダードチャータード銀行」です。

 

アークがスマホのスカイプを通じて知らせて来た英国のスタンダードチャータード銀行》の記事では、スカイプで知らせて来た英国のスタンダードチャータード銀行のワークを行いました。古くからマネロンの闇のネットワークを形成しており、経営層のトカゲを光に統合していました。SWIFTwikiには『2007年からスイフトネットが個人メールをあつかうようになり負荷を増大させていたが、オペレーティング・センターの増設は結果的に負荷を分散させた。

 

この個人メールはスイフト自身も利用しているが、他に6つの金融機関がユーザーとなっている。クリアストリーム、HSBCDNB (ノルウェーの企業)、残りは全部アフリカで、ボツワナ第一国立銀行、ネドバンク、スタンダード銀行』と記されています。スタンダードチャータード銀行は、スイフトネットのユーザーの6つの金融機関に入っていたのです。2022213日は、金融システムが変わった時だったと感じます。

 

2022224日に始まったロシアのウクライナ侵攻は、世界の闇の仕組を終わりにするための演出だと見ています。トカゲ集団・DSによる金の支配の闇経済を壊すための仕掛けの意味があります。人々にとって一番大きな闇が金による支配です。多くの人々は金によって強烈に支配されています。金を最上位に置いている人が多いから暗闇になります。闇から光への移行である「経済崩壊」が現実的にどのように推移するのかを見届ける時に来ています。