1200px-Presidential_Building,_Taiwan_(0747)


立憲民主の蓮舫の長男と元自民の糸山英太郎の養子縁組を報じたNEWSポストセブンの記事によると『もともと糸山氏のお世話になることは蓮舫さんからお願いしたこと。2人の長年の関係性を考えれば、養子縁組を蓮舫さんが把握していないことは考えにくい』とあります。《RAPT理論のさらなる進化形》には、『蓮舫と糸山英太郎は以前から親交があることから、「蓮舫からのお願いで息子を糸山の元に養子入りさせたのではないか」とも噂されています』と記されています。

 

蓮舫の長男と糸山英太郎の養子縁組は、予期せぬ事象ではなく、予め計画されていことだと見ています。計画の裏の秘密は、糸山英太郎よりも台湾を生まれ故郷とする蓮舫にあると捉えます。wikiには『蓮舫(本名:齊藤蓮舫・1967-)は、日本の政治家。参議院議員(3)、元タレント。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田蓮舫。菅直人内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官。野田内閣で内閣府特命担当大臣、公務員制度改革担当大臣を務めた。

 

その他に民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長、民主党代表代行、民進党代表代行、民進党代表(2)、立憲民主党代表代行を歴任した。日本の企業との間で貿易業を営んでいた台湾人の政商である父・謝哲信と、「ミス・シセイドウ」だった日本人の母・斉藤桂子の長女として東京都で生まれた。出生時は中華民国籍、1984年の国籍法改正で父母両系血統主義になったのに伴い1985年に17歳で台湾籍を保持したまま日本国籍を取得した。

 

2016913日付けで台湾側より「国籍喪失許可証書」が発行され、2016107日付けで日本国籍を選択宣言した。青山学院幼稚園、青山学院初等部、青山学院中等部・高等部、青山学院大学法学部法律学科卒業』と記載されています。蓮舫の息子の糸山琳(旧・齊藤琳、村田琳)は、wikiによると『村田琳(1997-)は、日本の俳優、歌手。東京都出身。元VOYZ ENTERTAINMENT所属。事務所内グループVOYZ BOYの元メンバー、チームCD選抜である。

 

チーム解体前はリーダーとしてteamBLUEに所属。20197月、「ノーサイド・ゲーム」(TBS)で俳優デビュー。202038日に発表された「VOYZ BOY チームCD選抜ファン投票」では7位となり、選抜メンバーになる。2021111日にVOYZ ENTERTAINMENT退所によるVOYZ BOY卒業を発表。同年1130日に卒業』とあります。蓮舫と息子の糸山琳に闇の解除・統合を意図して各々に光を降ろすと「工作員」「トカゲ」と伝えられました。

 

蓮舫は工作員の家系に生まれており、息子も工作員の仕事を引継ぐ予定なのです。蓮舫の本人はもういなくて替え玉になっていると見ています。ネット検索で見つけたツイート情報にも、何人かの蓮舫の影武者と思われる人物の画像が掲載されています。民主党の代表の地位に就いた大物工作員である蓮舫には、複数の替え玉が存在するようです。また、元夫・村田信之から見た家族の序列について強烈なネット情報を見つけました。

 

大喜利mosh-beat!》には、『村田家の家庭内序列が話題になったのは、2016年に放送された「中居正広の金スマ」でした。 番組の中で蓮舫さんのご家族が紹介されたのですが、そこで「村田家のヒエラルキー」についても語られていました。「蓮舫>息子・娘>ペット>村田信之」 ペット以下って・・悲しすぎます。その後、村田信之さん自身でも 「僕の家庭序列は一番下で植物以下」 「みんなの邪魔にならないように生きている」 と語っており、かなり驚愕しました』と記されています。

 

村田家では、蓮舫が女系天皇のような絶対的な存在であったことが窺えます。wikiには、台湾人である蓮舫の家族・親族の情報も記載されています。『(家族・親族)祖父-謝達淋(-19346)、台湾白河鎮生まれ。医師。祖母-陳杏村(1909-1977)、台湾台北市生まれ。バナナ商。謝との間に長男・長女・次女・次男(蓮舫の父)。父-謝哲信(-1994年、62歳没)。母 - 斉藤桂子(バナナ輸入会社「桂信貿易」代表取締役のほか、新宿3丁目でバーを経営している)

 

元夫-村田信之(1966-)テレビ番組スタッフ、ジャーナリストを経て、20114月、目黒区議会議員選挙に出馬するが落選。早稲田大学客員准教授。長男-村田琳- 歌手、俳優。親戚-陳唐山(台湾の政治家。陳の姉の夫は謝哲信の従兄弟)』。陳唐山にはウィキペディアが存在していました。wikiには『陳唐山(1935-)は、台湾の政治家。国家安全会議秘書長、総統府秘書長、外交部長、台南県長等を歴任。1959年に台湾大学大気物理学科を卒業し、その後渡米。

 

1966年にオクラホマ大学で修士号、1972年にパデュー大学で博士号を取得した。1973年から1992年までの19年間、アメリカ合衆国商務省に勤務し、人工衛星から得られたデータの分析やアジア資源センターの主任、アメリカ国際開発センターの理事を務めた。一方で、在米中に台湾独立運動に携わり始め、1966年には蔡同栄らと全米台湾独立連盟(1970年に各国の同様の組織と合併し台湾独立建国連盟が成立)を結成した。

 

また1974年に世界台湾同郷会が発足すると、陳唐山は1979年から1984年まで会長を務めた』とあります。陳唐山は、完全なDS工作員です。母親の斉藤桂子の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「工作員」と伝えられました。親戚の陳唐山に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「諜報部長」と伝えられました。蓮舫の家系は、女性が強い工作員家系なのです。蓮舫の闇のルーツは、日本の植民地としての台湾に源流があると感じます。(つづく)