Hasuike_Shinobazu_No_Ike02bs3200


札幌市円山動物園の起源は、1950(昭和25)に恩賜上野動物園の移動動物園を札幌にて開催して好評を得たことにあります。グーグルマップで上野動物園を観ると、近くに「不忍池(しのばずのいけ)」があります。不忍池は数十種類の鳥類が見られる大事な水の場所であり、この光の地底の場を松取りの闇で封じるために上野動物園が置かれたのだと感じます。Wikipediaには、『東京都恩賜上野動物園は、東京都台東区上野公園の上野恩賜公園内に在る東京都立動物園。通称・上野動物園。

 

開園は1882320日で、日本の動物園では最も古い。開園時には農商務省、その後宮内省、東京市、東京都建設局が所管、現在は指定管理者制度により公益財団法人東京動物園協会が管理する。上野恩賜公園内にあり、上野駅(公園口)から徒歩5分の場所に表門のゲートがある。総面積は14ヘクタールで、敷地は西園と東園に分かれており、両園間は「いそっぷ橋」を介して行き来できる』と記されています。上野動物園を管理する東京動物園協会の総裁は、常陸宮正仁親王です。

 

東京動物園協会は、上野動物園の他に多摩動物公園(日野市)、井の頭自然文化園(武蔵野市)、葛西臨海水族園(江戸川区)の管理業務を行っています。これらの3施設も水の地など重要な光の場所を封印する役割だと感じます。上野動物園の初代園長は、古賀忠道です。wikiには、『古賀忠道(1903-1986)は佐賀県出身の上野動物園園長。東京帝国大学農学部獣医学科卒。東京市公園局・上野恩賜公園動物園(上野動物園の前身)勤務。1937年、園長制度設立とともに「初代園長」就任。

 

動物園においては、子ども動物園の開園、おサル電車の設置、インドのネルー首相より贈られたアジアゾウのインディラを目玉とした移動動物園など、動物と人間の係わり合いを高める様々な試みを展開する。1962年の動物園創立80年記念行事を最後に園長を引退。晩年は財団法人東京動物園協会理事長、世界自然保護基金(WWF)日本委員会設立などに関わり野生・動物保護に全力を尽くした』とあります。古賀忠道の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「工作員」と伝えられました。

 

上野動物園の現園長は、福田豊です。サイト情報の経歴には、『福田豊 昭和34(1959)年東京生まれ。獣医師、博士(学術) 昭和59(1984)年、東京都庁に入都。葛西臨海水族園長、多摩動物公園副園長、 恩賜上野動物園副園長、多摩動物公園長などを経て、平成29(2017)4月から 恩賜上野動物園長に着任。平成28(2016)5月から公益社団法人日本動物園水族館協会の会長を務めている』と記されています。福田豊に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「サンカ」と伝えられました。

 

「サンカ」とは、先住民の仲間を犠牲にした松取りを行っていた先住民のことです。《地下施設の存在が暗示される葛西臨海公園》には、光の講座の中で、葛西臨海水族園(江戸川区)がある葛西臨海公園のエネルギーワークを行った時の様子を書いています。葛西臨海公園は、東京ディズニーランドと隣接しており、その埋立地一帯には、子供を主とした松関連の地下施設があると見ています。次に、円山西町の同一庁舎にある北海道中央児童相談所、北海道立特別支援教育センター、北海道心身障害者総合相談所に移ります。

 

社会福祉法人・大阪水上隣保館のワークなどから、子供を含めた社会福祉施設には、古くから松取りの闇が隠されていると分かっています。日本に限らず世界的な福祉や慈善事業の底辺には松利権の闇が潜んでいます。社会福祉施設の隠された闇が人だけではなく土地の光を封じる闇の仕組となっています。北海道中央児童相談所の公式サイトには、『北海道中央児童相談所は、北海道が設置する児童相談所です。児童相談所とは、児童が心身ともに健やかに育つよう、児童の福祉に関する相談、指導などのサ-ビスを行う公的な機関のことです。

 

児童の福祉に関する相談は、専門の職員が児童、保護者などに直接面談するなどして助言・援助を行います。相談内容としては、家庭で育てるのが難しい子供の相談、ことばの発達、きこえの相談、万引きや暴力などの法に触れる行為をする子供の相談、虐待に関する相談などがあります』と記載されています。北海道中央児童相談所の所長・森本秀樹に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「牧師の過去世あり」と伝えられました。牧師は松取りの闇を有するキリスト教の宗教者です。

 

北海道立特別支援教育センターの公式サイトには、『北海道立特別支援教育センターは、北海道における特別支援教育の振興と充実を図ることを目的として、昭和62(1987)に札幌市中央区の円山西町で開所し、平成19(2007)4月に現在のセンター名に改称され、今年度で36年目を迎えます。当センターに併設されている「北海道中央児童相談所」及び「北海道立心身障害者総合相談所」の各機関の機能や専門性を生かし、障がいのある幼児児童生徒を多面的な角度から捉えた教育相談を行います。

 

また、研修講座等における専門的な内容の講義や、職員相互の専門性を高める研修会を行うなど、各機関のもつ専門性の活用を通して、特別支援教育を推進するための事業の充実を図っています』とあります。北海道立特別支援教育センターの所長・今井章文に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「DS」と伝えられました。北海道立心身障害者総合相談所の公式サイトには、『身体障害者更生相談所及び知的障害者更生相談所として、療育手帳の可否判定、補装具費支給の要否判定及び自立支援医療(更生医療)の要否判定を行うとともに、心身障がい者に関する相談を行っています。

 

また、身体障害者手帳の交付や相談判定等で宿泊が必要な方に宿泊室の提供を行っています』と記されています。北海道立心身障害者総合相談所の所長についてネット情報は見当たりませんでしたので、副所長・塚田みゆきに闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「男性性」と伝えられました。北海道中央児童相談所、北海道立特別支援教育センター、北海道心身障害者総合相談所が入居する同一庁舎の建物に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「やられている可能性がある」と伝えられました。(つづく)