Kurashiki_Bikan1


1917
年に財団法人石井記念愛染園を設立したのは、石井十次の遺志と理念を受けた「大原孫三郎」です。wikiによると『大原孫三郎(1880-1943)は、岡山県倉敷市出身の実業家、社会事業家。倉敷紡績および倉敷毛織(現・クラボウ)、倉敷絹織(現在のクラレ)、中国合同銀行(中国銀行の前身)、中国水力電気会社(中国電力の前身)の社長を務め、大原財閥を築き上げる。社会、文化事業にも熱心に取り組み、財団法人石井記念愛染園、倉紡中央病院(現・倉敷中央病院)、大原美術館を創設した。

 

また、大原奨農会農業研究所(現・岡山大学資源生物科学研究所)、倉敷労働科学研究所(現・大原記念労働科学研究所)、私立倉敷商業補習学校(現岡山県立倉敷商業高等学校)を設立した。倉敷教会(後の日本基督教団倉敷教会)の最初の教会員』と記されています。大原孫三郎は、早稲田大学の前身東京専門学校出身で、日露戦争後に孤児院に経済的な支援を行っています。実業家としては、現在のクラレの設立者でもあります。大原孫三郎の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「宇宙人」と伝えられました。

 

wikiによると『株式会社クラレは、高機能樹脂や繊維製品などを製造販売する日本の大手化学メーカーである。本社は東京都千代田区大手町二丁目にあるが、本店は創業の地である岡山県倉敷市に置かれている。近代日本を代表する実業家の一人でもある大原孫三郎により、1926年にレーヨンの国産化を目的として設立される。代表的製品は、ランドセルで有名な人工皮革「クラリーノ」、機能性樹脂「エバール」「クラレポバール」、高機能エラストマー「セプトン」「ハイブラー」、合成繊維「ビニロン」「ベクトラン」、乾式不織布「クラフレックス」など、多数』とあります。

 

クラレの代表取締役社長は、川原仁です。wikiには『川原仁(1962-)は、埼玉県出身の実業家である。株式会社クラレ代表取締役社長。埼玉県立浦和高等学校を経て、19843月に早稲田大学政治経済学部を卒業、同年4月にクラレ入社。入社後は、祖業の繊維や主力の液晶パネル部材など幅広く事業を経験した。常務執行役員、取締役を歴任し、202111日付で伊藤正明前社長に代わり代表取締役社長に就任』と記載されています。クラレの代表取締役社長・川原仁と本社所在地(東京都千代田区大手町)に闇の解除・統合を意図して光を降ろしました。

 

DS」「いいです」と伝えられました。クラレと同じく大原孫三郎が社長を務めたのが倉敷紡績(クラボウ)です。wikiには、『倉敷紡績株式会社は、日本の繊維製品の大手メーカー。通称ならびに対外名称はクラボウ。小松原慶太郎、木村利太郎、大橋澤三郎らが大原家などの出資を受け、現在の岡山県倉敷市にて設立。大原家は当時、地元の大地主であり、初代社長に大原家から大原孝四郎が就任した。ブラジル、インドネシア、タイ、中国にグループ企業を展開する。

 

クラレは、クラボウの多角経営を目的にクラボウ創業者である大原一族により創業された会社だが、現在は人的・資本関係がなく業務上の関係のみである』とあります。クラボウの初代社長・大原孝四郎はwikiによると『大原孝四郎(1833-1910)は、日本の実業家。大原孫三郎の父。岡山藩士藤田伝吉の三男に生まれる。1858年(安政5年)に備中国窪屋郡倉敷村の庄屋・豪商大原壮平の養嗣子となり、幼名幸三郎を孝四郎と改名。儒学者森田節斎の簡塾、犬飼松窓の三餘塾に学んだ。

 

呉服、繰綿、米、金融を手広く営むとともに大地主であり、学問、絵、書を好む文化人でもあった。1888(明治21)に倉敷紡績所(クラボウ)の初代頭取に就任すると、養父壮平が森田節斎から学んだ謙受説を社訓とした。これは「満は損を招き、謙は益を受く」という思想で、常にへり下った気持ちで、より高いものを求めて努力せよ、という内容であった』と記されています。大原孝四郎の画像を観ると、顎髭を生やした太古の仙人のような独特な風貌をしており、「術師」が思い浮かびます。

 

クラボウの初代社長・大原孝四郎の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「プレアデスの闇」と伝えられました。クラボウの代表取締役社長は藤田晴哉です。《WWDJAPAN》によると藤田晴哉の経歴は、『藤田晴哉1958726日生まれ、兵庫県出身。55歳。1983年東京大学工学部化学工学科を卒業、同年クラボウ入社、2012年取締役・執行役員企画室長、2013年取締役・常務執行役員、20146月社長就任。クラボウは同族経営ではないが、父は10代社長の藤田温氏である。

 

クラボウ初代社長の大原孝四郎氏は藤田家から大原家に養子に行っているため、創業家一族という顔を持つ』と記されています。クラボウの代表取締役社長・藤田晴哉と大阪本社(大阪府大阪市中央区久太郎町)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「何かやっている。臓器関係をやっている」「いいです」と伝えられました。クラボウは、米国、ブラジル、タイ、インドネシア、中国、バングラディシュなどに海外拠点を有しています。日本の大手企業と同様に松利権ネットワークを形成していると見ています。

 

クラボウ、クラレの創業の地である岡山県倉敷市は瀬戸内海沿いの陸地であり、本来、水の地である光の場所です。クラボウ、クラレの創業者・大原家は、表のビジネスと裏の松利権で倉敷の地を封じる役割でした。倉敷川沿いの一帯が江戸時代に幕府直轄地(天領)だったことは松取りの証です。倉敷市内には児島、亀島山、玉島、連島など「島」の付く地名があり、元来、「島」であった場所であり、干拓によって陸続きになって今の市域が形成されました。臨海部の石油コンビナートなど重化学工業地帯と白壁の美観地区の観光により、今も隠された闇による封印が続いています。(つづく)