Times_Park24


形式的には博報堂DYホールディングスの傘下ですが、博報堂DYグループの実質的な本体が「博報堂」です。Wikipediaによると、『株式会社博報堂は、東京都港区に本社を置く広告代理店。博報堂DYホールディングス傘下。1895(明治28)10月、教育雑誌の広告取次店として設立。瀬木博尚によって創業。社名の由来は、瀬木の経営理念「博く、華客に奉仕報酬する」から。 廣告社(1888年創業)と並び日本の広告黎明期から活動を続ける広告代理店である。200310月に大広・読売広告社と経営統合し、博報堂DYホールディングスを設立。

 

国内1位の電通と合わせて、広告代理店の二大巨頭という意味で「電博(でんぱく)」と総称されている。しかし、近年は大規模な海外広告会社を傘下に加えている電通との差は広がりを見せている。また、経営統合に伴い、博報堂を含め3社のメディア枠仕入れ部門は博報堂DYメディアパートナーズに移管されたため、博報堂DYグループの中核企業として媒体社に対してより大きな影響力を持つこととなった。過去にはマッキャンエリクソンと業務提携を行っていたが、現在は、オムニコム系列のTBWAと共同出資し、TBWA\HAKUHODOを東京に設立』とあります。

 

博報堂の創業者・瀬木博尚(せきひろなお)は、旧加賀藩の地(富山県)の出身であり、松利権の工作員の可能性が高いです。wikiには、『瀬木博尚(1852-1939)は博報堂の創業者。富山県富山市桃井町出身。富山藩士の瀬木博重の長男として生まれる。 富山の役人を経て、明治27(1884)に上京し、星亨の「めさまし新聞」に入社。 明治28(1895)10月に東京都日本橋本銀町に教育雑誌の広告取次店「博報堂」を開業。明治30(1897)、神田区末広町に移転。明治43(1910)、日刊「内外通信」を発刊、社名を「内外通信社」と改称する。

 

なお、広告部門には「広告部博報堂」の名称を継続使用した。大正3(1914)、神田区錦町に移転。大正13(1924)、株式会社化し、初代取締役社長に就任。資本金50万円』と記されています。博報堂の創業者・瀬木博尚の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「工作員」と伝えられました。やはり八咫烏の工作員だと感じます。博報堂と合弁会社を持つオムニコムグループに着目しました。wikiによると、『オムニコムグループは、ニューヨークに本社を置く、広告事業やマーケティング事業を行うアメリカ合衆国の企業である。

 

オムニコムグループは、世界100ヶ国以上、5,000社を超えるクライアントに、広告、戦略的メディアバイイング&プランニング、デジタル&インタラクティブ、ダイレクト&プロモーション、パブリック・リレーションズなど、専門的なコミュニケーション・サービスを提供している。BBDOをはじめ、DDBワールドワイド、TBWAワールドワイド、グッドバイ・シルバースタイン&パートナーズなどを傘下に持つ』とあります。オムニコムグループの会長兼最高責任者のジョン・D・レンと本社所在地(米国ニューヨーク)に闇の解除・統合を意図して光を降ろしました。

 

「宇宙人」「いいです」と伝えられました。近年は、トカゲ人間とは別に、大手企業のトップや著名人の中には宇宙人が人間に成りすましていることが多いです。97日の共同通信のニュース《五輪汚職、パーク24を捜索 大会スポンサー、関係先》では、東京五輪の汚職事件で「パーク24」が家宅捜索を受けたことが伝えられています。『東京地検特捜部は7日、東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件の関係先として、大会スポンサーだった駐車場サービス「パーク24」の本社(東京都品川区)を家宅捜索し、幹部らの任意聴取を始めた。

 

同社などへの取材で分かった。大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=が紳士服大手AOKIホールディングス(HD)など複数のスポンサー選定に介入した疑いが持たれており、特捜部は他の企業についても幅広く経緯を調べている。パーク24は取材に対し、家宅捜索や幹部らが聴取を受けている事実を認め「捜査に全面的に協力する」とコメントした』。東京五輪の汚職事件は、底なしの様相を呈してきています。「パーク24」は、コインパーキング「タイムス」を展開する会社です。

 

wikiには、『パーク24株式会社は、東京都を拠点とする駐車場運営会社他を所有する持株会社である。東京証券取引所プライム市場に上場しており、駐車場管理業者としては日本国内最大手となっている。日本国内各所でコインパーキング「タイムズ」を展開している。駐車場管理業のほか、大型駐車場・ビル型駐車場などの施設駐車場といった様々な駐車場事業を展開している。「タイムズ」は遊休地である場所に一定期間駐車場を供給できるシステムで、「一台分あれば契約可能である」のが強みとなっている。

 

ロック付きの無人駐車料金徴収装置による24時間無人時間貸駐車場というのがポイントである。国内最大の駐車場ネットワークを形成している。創業者は、馬主としても有名な西川清であり、息子の西川光一が代表取締役を務めている』とあります。《松利権に通じる馬と関係する北海道科学大学の創設者・伏木田隆作》などのワークから馬主が松利権者であることが分かっています。また、移動媒体の役割の「馬」が「自動車」に変わっても、「自動車」と松利権が深い関係があると見ています。

 

馬主と松利権の関係の起源は、平安時代の平将門などの武将に代表されると推測しています。古くから人間は、農耕馬・軍馬として馬を使役し、馬の松取りを行ってきました。現在も競馬という大金が絡む動物虐待が行われており、光の役割の馬が人間のエゴの闇で封印されてきたのです。馬の松利権を注目すると、騎馬民族が源流となるモンゴルが日本の支配層にとって松利権の深い関わりが理解できます。有名な馬主であったパーク24の創業者・西川清やそれを引継いだ息子で社長の西川光一は、松利権を有していると見ています。

 

パーク24の創業者・西川清(1938-2005)の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「下衆。ヤクザ。全てでカネカネと言っている」と伝えられました。パーク24の代表取締役社長兼社長執行役員・西川光一(1964-)と本社所在地(東京都品川区西五反田)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「下衆なヤクザ。土地ころがし的なヤクザ」「いいです」と伝えられました。地球と人の光を封印するのはエゴの闇です。五輪は、支配層の人間のエゴの極致です。裏に松利権が潜む五輪汚職事件の真相が全て明らかになることを願っています。(おわり)