Wikimedia_Hackathon_Prague


Tinder」など計26社の出会い系サービスを所有しているMatch Groupは、日本法人を有しています。202341日時点の公式サイトによる会社情報は以下の通りです。『社名:MG Japan Services 合同会社 代表者:石橋準也 所在地:東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル4階 設立:20198月事業内容:ソーシャル系マッチングサービス「Tinder®」の運営 主なサービス内容:マッチングアプリ Tinderの運営 関連会社:Match Group(アメリカ)』。

 

MG Japan Services 合同会社の代表者・石橋準也所在地(東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル4)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「統一教会」「いいです」と伝えられました。Match Group日本法人のMG Japan Services 合同会社も統一教会の傘下にあるようです。《ナチスドイツのホロコーストの隠し金が絡むUBS・スイス銀行とスイスの闇の土台となるドルイド・八咫烏》にあるクレディ・スイス日本法人が所在する東京都港区六本木1丁目61号 泉タワーも住友不動産の物件でしたが、この時点では、その重要性にまだ気づきませんでした。

 

TinderMatch Group関連の調査とワークを終えて10日経ちましたが、依然として「Tinder」のタイトルのジャンクメールが届いていました。まだ、何か調査とワークを行う必要があると感じて、「Tinder」について再度、ネット情報の収集とワークを行うことにしました。まず、「Tinder」の英語wikiを調べていきました。英語wikiには日本語wikiにないことが記述されている場合があります。英語wikiで以下の2箇所に着目しました。『Tinderは、2012年にウェスト ハリウッドのHatch Labs インキュベーターで開催されたハッカソンでSean Rad によって立ち上げられた』

 

『「MatchBox」と呼ばれる Tinderのオリジナルのプロトタイプは、20122月のハッカソンで Sean Rad とエンジニアの Joe Munoz によって作成された。このハッカソンは、ウェスト ハリウッドの前哨基地を持つニューヨークを拠点とするスタートアップ インキュベーターである Hatch Labs によってホストされた』。「インキュベーター」と「ハッカソン」という意味が分からない専門用語が出てきました。「インキュベーター(ビジネスインキュベーター)」と「ハッカソン」は各wikiに次のような意味が記されています。

 

インキュベーター(ビジネスインキュベーター)は、『マネジメント研修やオフィススペースからベンチャーキャピタルファイナンスまで、本格的なサービスを提供することで、スタートアップ企業や個人起業家の事業発展を支援する組織である』。ハッカソンは、『(ハッキングとマラソンのかばん語とも呼ばれる)24時間や48時間などの比較的短い期間に迅速かつ協調的なエンジニアリングに従事するイベントである。ハッカソンの目標は、イベントの終わりまでに機能するソフトウェアまたはハードウェアを作成することである』。

 

「インキュベーター」も「ハッカソン」も、人を多く集めること、集団にすることを意図されている感じがしました。wikiで着目した文章の中で、ワーク対象に選んだワードが「Hatch Labs」と「ウェスト ハリウッド」です。「Hatch Labs(ハッチラボ)」をネット検索すると《Hatch Labs Wiki》がヒットしました。『Hatch Labs は、ラボ内で考案されたモバイル ベンチャーを構築するために、起業家と技術的才能を雇用するスタートアップ インキュベーターでした。・・同社は 201010月に創業者兼CEO Dinesh Moorjaniによって設立されました。

 

・・Hatch Labs 2013年にIAC によって閉鎖されました』と記されています。Dinesh MoorjaniTinderの創設者でワーク済みです。もう1つ《What is HATCH? - HATCH》に行き着きました。『HATCH は、革新的な体験を提供する非営利のグローバル ネットワークおよびエコシステムであり、年に2回厳選されたサミット、通年のインパクト ラボ、およびポジティブな影響をもたらすソリューションを加速するために接続するプラットフォームで構成されています。HATCH はアイデアを生み出すだけでなく、実用的な影響を与える場所でもあります。

 

これは、多様な個人、業界、専門知識からなる化学の集合体であり、ポジティブな影響をもたらし、より良い世界を実現するためのソリューションを促進するために相互受粉する協力者です』と記されています。HATCHは、Hatch Labsを引継いだ後身であり、自由である個を支配のために集団にする闇の仕組だと感じました。《Board of Directors + Advisors-HATCH》には、HATCHの創設者のYarrow Kraner(ヤロー・クラナー)を含む7人の理事会メンバーの名前と経歴が記載されており、ワークを行いました。

 

HATCHの理事のYarrow Kraner(ヤロー・クラナー:創設者)、Erica Mackey(エリカ・マッキー)Jay Hirschton(ジェイ・ハーシュトン)Susan Carstensen(スーザン・カーステンセン)Elke Govertsen(エルケ・ゴベルセン)Renay Loper(レネイ・ローパー)Otho Kerr(オト・カー)に闇の解除・統合を意図して各々に光を降ろすと「DS」「男(ワニ)」「レプ」「宇宙人。首長族」「人間じゃない人たち。DS」「DS」「人間じゃない人」と伝えられました。HATCHの役員は、闇の仕事をする宇宙人たちのようです。

 

続いて《HATCH Staff-HATCH》に掲載されているYarrow Kraner(ヤロー・クラナー:創設者)を除く3人のスタッフのワークを行いました。ハッチ開発ディレクター・Jared Silverman(ジャレッド・シルバーマン)、ハッチイベントプロデューサー・Rachel Hicks(レイチェル・ヒックス)、ハッチプログラムマネージャー・Cassidy Seckman(キャシディ・セックマン)に闇の解除・統合を意図して各々に光を降ろすと「DS」「松喰い」「男(ワニ)」と伝えられました。HATCHは支配層DSの松利権網の拠点の1つだと感じます。(つづく)