Hikiyama


3
月下旬、腰の中央からやや左側の箇所に強い痛みを覚え、ワークのサインだと感じました。地図を見ながら場所を内観すると佐賀県唐津(からつ)市だと思いました。唐津市というと「唐津くんち」の祭が浮かびます。「祭(まつり)」は「松利」で松の利益です。神社の祭は、渡来人に由来する支配層の松取り(松果体収穫)の工作でもあります。子供や女性を犠牲にした生贄や松取りのために多くの人を集めるのです。唐津市は九州の北部の海岸沿いにあり、日本を封印する闇の役割の渡来人の玄関口でもあります。唐津市の調査とワークを行うことにしました。

 

唐津市の情報はwikiに記載されています。『唐津市は、佐賀県の北西に位置し玄界灘に面する市。北部地域の中心都市として栄え、佐賀県内では、佐賀市に次いで第二位の市域人口を有する。[概要]旧肥前国 東松浦郡。中心市街地は唐津藩の城下町が前身。唐津神社の秋季例大祭である唐津くんちや特別名勝の虹の松原、呼子朝市などで有名で、広大な面積に多数の観光資源を有する。2005(平成17)に平成の大合併で周辺の自治体の東松浦郡の呼子町・鎮西町・肥前町・相知町・厳木町・浜玉町の6つの町と北波多村の1ヵ村と新設合併して新たに唐津市となった。

 

[地形]市域は松浦川・玉島川による平野部(唐津平野)と、上場(うわば)と呼ばれる丘陵性の玄武岩台地からなり、東は背振山地、西は伊万里湾、南は杵島山地、北は玄界灘(唐津湾)に面し、唐津湾には松浦川が注ぐ。また北西部の海岸はリアス式で出入りに富み、その地理的特徴からこの地域は古代から大陸方面の海上交通の拠点となった』。唐津市は、重要な光の地底を有しているリアス式海岸があり、光を封じる役割の渡来人の拠点になっていました。多数の観光資源を有する唐津市は大きな松利権があると感じます。

 

経験的に自治体で松利権の闇の解除の対象は、首長・商工会議所・観光協会と捉えています。唐津市の市長は「峰達郎」です。wikiによると『峰達郎(1960-)は、佐賀県唐津市山本出身の政治家、薬剤師。佐賀県唐津市長(2)。元佐賀県議会議員(3)、元唐津市議会議員(2)。[略歴]佐賀県立唐津東高等学校、第一薬科大学薬学部卒業。薬剤師として有限会社峰薬局の取締役を務める。1995(平成7)、亡父の峰政登市議の地盤を引き継ぎ、旧唐津市議会議員選挙に初当選。県議時代は自由民主党に所属した。2017(平成29)129日に行われた唐津市長選挙に再度出馬。

 

玄海町にある玄海原子力発電所34号機の再稼働も争点となった選挙であったが、投票率は過去最低の63.33%を記録した。峰は「条件付き賛成」という言葉で再稼働容認の立場を取った。九州電力と市が結ぶ安全協定の検証を公約としている。26日、市長就任』と記されています。唐津市長・峰達郎に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「仁風林。ゴム」と伝えられました。wikiの画像に「内閣府地方創生推進室より公表された肖像」と記されている場合は、替え玉になっていると見ています。

 

唐津商工会議所会頭は「宮島清一」です。経歴は《HMV&BOOKS online》によると『1950年佐賀県唐津市生まれ。京都大学理学部卒業、大阪大学理学研究科大学院博士課程卒業。理学博士。岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助教授を経て、宮島醤油株式会社代表取締役社長に就任。現在、唐津商工会議所会頭も務める』とあります。唐津市観光協会会長は「坂本直樹」です。《佐賀新聞》によると『唐津観光協会は30日、通常総会を開き、新会長に陶磁器ギャラリー一番館(同市呉服町)社長の坂本直樹氏(58)を選出した。任期は2年。

 

48年間務めた山﨑信二氏(65)=ブルーム社長=は退任、顧問に就任する。2022/05/31』と記されています。唐津商工会議所会頭・宮島清一と唐津市観光協会会長・坂本直樹に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「アーク」「術師。サンカ」と伝えられました。唐津市の観光をネットで調べていくと「唐津市国際交流協会」に行き着きました。「唐津市国際交流協会」は、唐津青年会議所、国際ソロプチミスト唐津、唐津西ロータリークラブ、唐津商工会議所、唐津観光協会など16団体が会員となっています。

 

公式サイトによると『唐津市国際交流協会は、2006(平成18)年から、それぞれ活動していた各地域の団体を統合し結成されていましたが、更に発展的に解消し、より効果的な活動ができるよう会員を募集し、2018(平成30)年に再結成された新しい団体です』と記されています。感覚的には、外国人の工作員養成を含めた松利権工作組織と感じます。唐津市国際交流協会会長・稲葉継雄(かもめ交流実行委員会会長・高麗大学出身)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「統一」と伝えられました。やはり八咫烏の工作組織・統一教会が背後にあるようです。

 

「唐津くんち」は唐津神社の秋季例大祭です。「くんち」とは、九州北部における秋祭りに対する呼称です。唐津くんちの情報はwikiに記載されています。『唐津くんちは、佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭である。また、平成27年にユネスコ無形文化遺産にも登録された。乾漆で製作された巨大な曳山(ひきやま)が、笛・太鼓・鐘(かね)の囃子にあわせた曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに、唐津市内の旧城下町を巡行する。祭り期間中の人出は延べ50万人を超える。

 

唐津神社の神職を務める戸川家の口碑によると、神輿の御神幸は寛文年間(1661-1673)に始まったとされる』。唐津神社の祭神は、住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)、神田宗次公(こうだむねつぐこう)、水波能女神(みずはめのかみ)です。唐津神社の宮司・戸川忠俊所在地(佐賀県唐津市南城内3-13)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「統一」「いいです」と伝えられました。渡来人に由来する支配層の松利権工作の「祭」という闇の仕組が終わり、唐津が本来の光の地になることを願っています。