Shiroyone_Senmaida_200906


左ひじの外側に軽い痛みを覚え、輪島市の周辺をグーグルマップで詳細に観ていくと、目に留まったのが「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」でした。白米千枚田の情報はwikiに掲載されています。『白米千枚田は、石川県輪島市白米町にある棚田である。数が多いので千枚田と呼ばれるが、現地案内板には枚数1004枚と記載されている。また「狭い田」からの転という説もある。最も小さい田の面積は、0.2平方メートル程度。2001年、白米の千枚田の指定名称で国の名勝に指定された。

 

[概要]能登半島北岸を走る国道249号と日本海との僅かな崖地に作られている。土地自体は肥えており肥料は通常より少なくてすみ反当たりの収穫量は2.6石程度。1638年頃に作られた谷山用水が利用されている。かつては田の下の土地で製塩が行われていたが、海岸の浸食で塩田が水没したため、現在は行われていない。田植え・稲刈り時には広くボランティアを募って作業を行っている。また、日本海に向かってなだれ落ちるような美しい景観は、能登の観光スポットともなっている』。

 

支配層の裏の利権である松利権のための工作場所である観光名所は、多くの人々に名前を知れ渡る知名度が重要です。知名度を高くすることが、多くの観光客を呼び込むことになり、支配層の懐に金が入ることになります。知名度を高くするためには、大きな看板を掲げる必要があります。多くの人々が認知する有名なお墨付きを得たり、超有名人が広告塔になったりすることです。白米千枚田は、元首相・小泉純一郎と衆議院議員・小泉進次郎の父子が広告をしており、世界農業遺産にもなっています。

 

wikiには『20065月、小泉純一郎首相が白米千枚田を訪れて「絶景だよ、絶景」と褒め称えた。これにちなんで、同年秋に収穫されたコシヒカリは絶景千枚田の名で商品化された。20137月には息子で衆議院議員の小泉進次郎が訪れ、「まさしく絶景」と、父子2代にわたって褒め称えた』とあります。また、20116月国連食糧農業機関(FAO)が世界農業遺産と認定して、シンボル的な存在になっています。白米千枚田は、2015年のNHK連続テレビ小説「まれ」では、オープニング映像の舞台となっています。

 

元首相・小泉純一郎と衆議院議員・小泉進次郎の父子は、既に本人ではなく替え玉に成っていると見ています。白米千枚田には、オーナー制度があります。wikiには『現在は田の所有者を中心に組織された白米千枚田愛耕会による耕作・保存活動が行われている。また、千枚田オーナー・トラスト制度があり、オーナーになると年間2万円でマイ田んぼを1枚持つことができる。特別名誉会員として小泉純一郎、小泉進次郎、安倍昭恵、今井彰、永井豪、ちばてつや、さいとう・たかを、北京飯店、水木一郎が名を連ねている』と記されています。

 

表裏の金儲けのために、著名な工作員を総動員していることが分かります。支配層は一石二鳥、三鳥、四鳥という一度に複数のメリットを得る金・エゴの闇の仕組をつくっていきます。さらに、白米千枚田は、目に映える装飾とギネスブックの世界記録の看板もあります。2012年に白米千枚田をイルミネーションで彩るイベント・"あぜのきらめき"として「太陽光発電LEDの最大ディスプレイ」としてギネス世界記録に認定されています。"あぜのきらめき"の主催は輪島市交流政策部観光課です。

 

冬場の観光客誘致を目的に、2011年より、毎年、秋から冬にかけて開催されています。ボランティアの人たちにより田んぼの畔に設置された太陽光発電付きLEDライト25,000個が、日没から4時間、15分間隔で色を変えながら棚田を彩る仕組みだといいます。公式サイトには、「公益財団法人 白米千枚田景勝保存協議会」の評議員・役員名簿(13)が掲載されています。白米千枚田景勝保存協議会の理事長は坂口茂(輪島市長)、副理事長は新甫実(輪島市観光協会会長)で、既にワークを行っています。

 

評議員3名・理事8名・監事2名の中から、次の3人を対象に選びワークを行いました。白米千枚田景勝保存協議会の評議員・中山由起夫(輪島市副市長)、理事・田中喜義(千枚田景勝保存会会長)、理事・出口彌祐( ()千枚田代表取締役)本部所在地(石川県輪島市白米町99-5)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「統一」「色情。反社」「半島」「いいです」と伝えられました。白米千枚田景勝保存協議会の本部所在地(石川県輪島市白米町99-5)の場所は、「道の駅千枚田ポケットパーク」です。

 

南房総市の道の駅ちくら・潮風王国から見える反社が絡む「道の駅」の隠された失踪・松取りのトラップ》にありますが、全国の幹線道路に置かれている「道の駅」は、人集め子供さらいのトラップとなる支配層の松工作場所です。国土交通省公式サイトによると、『「道の駅」は、令和5228日までに1,204駅が登録されている』と記されています。支配層の松利権網の罠が全国に張り巡らされていることになります。wikiには、『道の駅千枚田ポケットパークは、石川県輪島市白米町にある国道249号の道の駅である。

 

当初駐車場の駐車可能台数は11(乗用車8台・バス3)となっていたが、2013(平成25)119日に駐車場を拡幅したうえでリニューアルオープンした』とあります。道の駅千枚田ポケットパークの指定管理者は公益財団法人白米千枚田景勝保存協議会(管理者:輪島市)です。道の駅千枚田ポケットパークのサイトに掲載されている(公財)白米千枚田景勝保存協議会理事 白米千枚田愛耕会代表・堂前助之新に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「普通の爺さん」と伝えられました。

 

石川県能登半島の人と土地の光を封印する支配層の松工作としてのアートイベント「奥能登国際芸術祭」》に書いた奥能登国際芸術祭もそうですが、能登半島を主にした石川県は、多くの人を集めるための観光産業が一大産業になっており、江戸時代からの百万石の加賀藩の松利権に由来していると感じます。支配層の松システムの中核である旧加賀藩の石川の地に隠された闇が終わりになることが重要です。白米千枚田を含む能登半島の地が、本来の光を取り戻すことを願っています。(おわり)