320px-Kiyosumi_Teien_-_Japanese_gardern_1


屋久島電工のwiki主要株主は、太平洋セメントと記載されていました。また、屋久島電工の公式サイトには、『当社は「環境の日」65日に創立された企業として、これら地域の環境問題に、親会社の太平洋セメント、及びそのグループ企業をはじめとする関係企業の技術協力も得ながら、今後も積極的にその役割を担っていきます』と記されています。屋久島電工の親会社が太平洋セメントであり、太平洋セメントを追跡することにしました。太平洋セメントの情報はwikiに記載されています。

 

『太平洋セメント株式会社は、日本最大のセメントメーカーである。1875(明治8)に設立された官営深川セメント製造所の流れを汲む。日経平均株価の構成銘柄の一つ。[概要]1998年に秩父小野田(1994年に秩父セメントと小野田セメントが合併)と日本セメントが合併して設立された。「創業」ではなく、会社設立の年月では最も古い企業とされる。前身企業のうち小野田セメントが三井系で、秩父セメントのメインバンクは当時の第一勧業銀行、日本セメントのメインバンクは当時の富士銀行であった。

 

故に太平洋セメントは三井グループとみずほグループ(第一勧銀グループ及び芙蓉グループ)に属しているセメント会社といえる』。太平洋セメントの前身の日本セメントは、浅野総一郎が創業した旧浅野セメントのことです。太平洋セメントは、官営深川セメント製造所の流れを汲んでおり、官営深川セメント製造所についても調べました。wikiによると、『深川セメント製造所は、明治時代に東京都江東区清澄1丁目に存在した官営模範工場の一つ。このことから官営深川セメント製造所とも表記される。

 

[国産セメントの製造]1872(明治5)に、前身となる大蔵省所管の深川摂綿篤製造所が着工。近代建築に必要なポルトランドセメントの国産化を図ることを目的としたが、果たせぬまま1874(明治7)に工部省に移管。責任者の宇都宮三郎が渡欧し、技術を習得後、1875(明治8)に工場を造り直し、深川セメント製造所となった。製造所で日本初の国産セメントの製造に成功した519日はセメントの日となった。[売却]1884(明治17)に官営模範工場の売却が行われ、深川セメント製造所も対象となった。

 

製造所は、浅野総一郎らに売却され官営製造所の歴史を閉じた。これが浅野セメントとなって浅野財閥の基礎になった。工場は、浅野セメントとして存続し、2012(平成24)現在、製造所の敷地跡はアサノコンクリート深川工場(太平洋セメント)のほか、読売新聞社有地となっている。付近には「本邦セメント工業発祥の地」の石碑のほか浅野総一郎の立像が建てられている』と記されています。深川セメント製造所は、浅野財閥の祖・浅野総一郎の本体となる浅野セメントの前身でした。

 

航空機用の油圧緩衝脚オレオを発明したKYB創業者・萱場資郎の背後にある闇の叡智とオーディンの魔力》の際のワークで、浅野総一郎に光を降ろしており、八咫烏の重たい闇の日本DSと伝えられました。浅野総一郎は、私がサラリーマン時代に勤めていた会社の上司(役員)の過去世であると分かっています。深川セメント製造所のwikiにある「ポルトランドセメント」と「宇都宮三郎」が気になりました。wikiには、『ポルトランドセメントは、モルタルやコンクリートの原料として使用されるセメントの種類の一つ。最も一般的なセメントである。

 

日本では、官営深川セメント製造所において1875(明治8)に当時工部省技術官だった宇都宮三郎が国産ポルトランドセメントの製造に成功している。ポルトランドセメントを構成する主な物質は、ケイ酸三カルシウム(略称はエーライトで組成は3CaOSiO2)、ケイ酸二カルシウム(略称はビーライトで組成は2CaOSiO2)、カルシウムアルミネート(略称はアルミネートで組成は3CaOAl2O3)、カルシウムアルミノフェライト(略称はフェライトで組成は4CaOAl2O3Fe2O3)、硫酸カルシウム(一般名称は石膏で組成はCaSO42H2O)である』とあります。

 

ポルトランドセメントを扱う太平洋セメントの子会社の屋久島電工が炭化ケイ素(SiC)を製造販売しており、「ケイ素(Si)」で繋がります。屋久島電工の公式サイトには、『炭化けい素(Silicon Carbide)とは非酸化物セラミックスの一種で、炭素(C)とけい素(Si)11で結合したもので、化学式はSiCで表されます。1891年アメリカでEdward G.Achesonがダイヤモンドを合成しようとした際に偶然発見したものといわれています。炭化けい素(SiC)は有益な特性を数多く持っており、その特性を生かして耐火材や研磨・研削材として利用されてきました。

 

近年では、ファインセラミックス、エンジニアリングセラミックスや半導体の材料として注目されています』と記されています。国産ポルトランドセメントの製造に成功した、宇都宮三郎(1834-1902)は、幕末・明治初期の尾張国名古屋出身の洋学者・軍学者・化学工学者・技術者です。wikiの画像を見ると知人の過去世だと直感しました。ネット情報を調べると、江戸時代の大砲製造関連で私の過去世と関係していることが分かり、それ故に今世で出会ったのだなと痛感しました。

 

宇都宮三郎の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「プレアデスの闇」と伝えられました。太平洋セメントは、大まかに言えば、浅野セメント、小野田セメント、秩父セメントの3社が前身です。浅野セメントの創業者・浅野総一郎はワーク済みですので、小野田セメントの創業者・笠井順八(1835-1919)、秩父セメントの創業者・諸井恒平(1862-1941)と太平洋セメントの元相談役・諸井虔(1928-2006年・秩父セメントの創業者一族)の御魂が上がるよう意図して各々に光を降ろしました。

 

「ロスチャ。任侠」「反社」「プレアデスの闇」と伝えられました。太平洋セメントの代表取締役社長・不死原正文(ふしはらまさふみ)の経歴は、《建設資料館公式サイト》によると『19783月大阪大学経済学部経営学科卒業、同年4月小野田セメント入社。94年秩父小野田(秩父セメントと合併)大阪支店資源営業部長。98年太平洋セメント(日本セメントと合併)中部環境マテリアル支店副支店長兼リサイクル資源部長、2015年取締役常務執行役員、18年代表取締役社長、セメント協会副会長。67歳』と記されています。

 

太平洋セメントの代表取締役社長・不死原正文本社所在地(東京都文京区小石川1丁目1-1 文京ガーデン ゲートタワー)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「反社。統一」「いいです」と伝えられました。太平洋セメント関連の調査とワークから、セメント業界は建設業界と一体で反社に繋がっており、裏に松利権があると感じました。「セメント・反社」でネット検索すると《弘道会が関生事務所に押しかける》がヒットしました。山口組の母体・弘道会などの暴力団が生コン利権に深く絡んでいるようでした。(つづく)