Eiga-Hyoron-1965-July-2


クルド人問題は、在日クルド人だけの問題ではなく、在日クルド人を現場工作員として使っている日本の支配層が黒幕であり、大きく関与していると感じます。在日クルド人は、日本の支配層の松利権工作の仕組に組み入れられているのです。クルド人問題が表面化している埼玉県川口市と蕨市の支配層の関係者の調査とワークを行っていきました。川口市の情報はwikiに記載されています。『川口市は、埼玉県の南東部に位置する市。中核市・保健所政令市に指定されている。人口は約60万人。県庁所在地であるさいたま市に次いで県内2位。

 

また、政令指定都市を除いた市では、千葉県船橋市(64万人)に次いで全国2位。古くから鋳物や植木の街として知られる。1933年市制施行。[概要]埼玉県の南東部に位置し、北はさいたま市、西は蕨市と戸田市。東は越谷市と草加市、東南は東京都足立区に接する。南は概ね荒川を挟む形で東京都北区と向かい合う。江戸時代に日光御成道が整備され、川口宿と鳩ヶ谷宿が置かれていた。古くから農閑期を利用した鋳物が地場産業として盛んで、荒川のほか市内を縦断する芝川の河川舟運によって大消費地である江戸に運搬していた。

 

明治時代の富国強兵政策により工業都市として急激に発展し、1910年に川口町駅(現:JR川口駅)が開業すると全国に鋳物が貨物輸送されるようになり、「東の川口、西の桑名」と言われるようになった。日中戦争から太平洋戦争にかけての戦時中も鋳物の需要は高く、1940年に県内で唯一の新興工業都市に指定された。[経済・工業]川口市は埼玉県を代表する工業都市であり、産業構造が似ている全国6都市で「中小企業都市連絡協議会」を組織し、「中小企業都市サミット」を開いている。中でも最も有名な産業は、鋳物工業である。

 

江戸時代に農閑期の副業として始まった鋳物工業は、荒川の砂や粘土、大消費地である江戸への舟運に恵まれて発達した。鍋、釜などの日用品のほか、江戸幕府や諸藩の大砲や砲弾の鋳造が行なわれていた。幕末の動乱期には、勝海舟の指示により川口の鋳物で大砲が製造されている。明治維新後は、永瀬庄吉ら先覚者の技術改良や日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦による好況に支えられ、()川口町(現・川口駅南東側一帯)は県下最大の工業都市に発展した。その後、昭和恐慌によって打撃を受けたが、第二次世界大戦後いち早く民需に切り換えて復活、全国有数の鋳物の街となった。

 

この川口の鋳物の工場街は、女優の吉永小百合をヒットさせた映画「キューポラのある街」(1962年公開)の舞台ともなった』。川口市の鋳物業は、江戸時代に始まり、日中戦争から太平洋戦争の時期に需要のピークになっていました。川口市の支配層の要人として、川口市の市長、市議会議長、観光協会会長、教育長、観光物産協会会長、鋳物工業協同組合理事長を選び、ワーク対象としました。川口市長は、奥ノ木信夫(おくのきのぶお・3期目)で、経歴はwikiに記されています。『奥ノ木信夫(1951-)は、埼玉県川口市西川口出身の政治家。埼玉県川口市長(3)

 

埼玉県議会議員(5)、川口市議会議員(1)を歴任した。[来歴]埼玉県立浦和高等学校卒業。19753月、早稲田大学法学部卒業。19914月、川口市議会議員選挙に出馬し、初当選。19954月、埼玉県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。20093月から20103月まで埼玉県議会議長をつとめた。20131225日、川口市長の岡村幸四郎が急性腎不全のため在任死去。翌年の2014114日、奥ノ木は川口市長選挙に出馬するために県議を辞職。201429日に行われた川口市長選挙に、自民党と公明党の推薦を得て無所属で出馬。

 

3人の候補者を破り初当選。同日、市長に就任。201824日に行われた川口市長選挙では、再び自民党と公明党の推薦を得て無所属で出馬し、共産党が推薦・社民党川口総支部が支持する元埼玉県議を破り再選した。202226日に行われた川口市長選挙では、自民党・公明党の推薦を得て無所属で出馬し3選。[人物]・201998日、市内の高校1年生が、川口市立榛松中学校在校時に受けたいじめを苦にして「教育委員会は大ウソつき」との走り書きを残して飛び降り自殺。912日の市議会一般質問で茂呂修平教育長が謝罪し、「遺族とまだ会っていない」と答えた。

 

議場や傍聴席からは「市議会で謝罪するより、遺族が先ではないか」と批判の声が上がった。また、別の市内中学校の元男子生徒が、いじめで不登校となったのは学校や市教育委員会の対応が不適切だったとして市に損害賠償を求める訴訟を起こした。918日、川口市は口頭弁論において、いじめ防止対策推進法について「欠陥がある」とし、市側に不法行為はないと主張。法を執行する立場の自治体が法を否定する異例の主張で、識者から「危険な発想だ」と批判が出た』。201998日のいじめ自殺事件に絡む市の対応は、川口市の闇を象徴しています。

 

川口市長・奥ノ木信夫、川口市議会議長・榊󠄀原秀忠(自民党・当選4)、前川口市教育委員会の前教育長 ・茂呂修平、現教育長・井上清之、川口観光物産協会会長兼川口商工会議所会頭・細野博隆(株式会社細野鉄工所 代表取締役)、川口鋳物工業協同組合理事長・石川義明(石川金属機工株式会社 代表取締役)に闇の解除・統合を意図して各々に光を降ろすと「金春アヌンナキ」「現場」「仁風林」「創価」「統一」「中国」と伝えられました。鋳物関連企業の経営者の細野博隆は、川口観光物産協会と川口商工会議所のトップを兼務しており、相当な裏の力があると見ています。

 

川口市のwikiには『川口の鋳物の工場街は、女優の吉永小百合をヒットさせた映画「キューポラのある街」(1962年公開)の舞台ともなった』とあります。「キューポラのある街」に着目しました。wikiには『「キューポラのある街」は、早船ちよの児童文学シリーズ。1962年に映画化、テレビドラマ化された。[概要]1959(昭和34)から翌年にかけ1年間、雑誌「母と子」に「キューポラのある町」の題で連載され、1961(昭和36)に彌生書房より単行本化された。1962(昭和37)、日本児童文学者協会賞を受賞。

 

鋳造工場の溶解炉=「キューポラ」の煙突が多く見られた埼玉県川口市を舞台とした青春ドラマである。鋳物職人の娘である主人公・石黒ジュンの周囲で起こる貧困、家族の衝突、民族、友情、性などの問題が描かれる。のち、財団法人大阪国際児童文学館(大阪府立中央図書館国際児童文学館の前身)により、「日本の子どもの本100選 戦後編」の1作に選出された』と記されています。「キューポラのある街」は、川口市の鋳造工場を舞台にした児童文学小説です。wikiには「民族」としか書かれていませんが、実は、在日朝鮮人が深く関わっています。

 

「キューポラのある街・北朝鮮」でヤフー検索して上位に掲載されたサイトをクリックしても表示されませんでした。やむを得ずキャッシュで開くと表示されました。《キューポラの街の原風景(映画・キューポラの街に関して)》には、『映画「キューポラのある街」には当時息づいていた人々の人情が、色濃く描かれている。在日朝鮮人の父と日本人の母との間に生まれた、ヨシエとサンキチ姉弟の金山一家は、吉永小百合演じるジュンの家と同じように貧しい。その貧しさを乗り越え朝鮮人の家族との触れ合いを絡ませ、強く、明るく、逞しく、のびのびと育つ子供達が生きる良い時代が描かれている。

 

鋳物工場や荒川の土手など、作品に描かれた数々の映像には川口の懐かしい原風景があり、川口で生きてきた幾年月が、いつしか私の故郷になったということだろう。埼玉の表玄関は川口である。在日同胞の密集地といえば阪神では生野や西成、神戸の長田、東京では足立区や荒川区だがキューポラが立ち並んだ鋳物の街、川口にも鋳物工場(最盛期約700社があったが今は100社ほど)で働いたり鉄屑回収業を営む朝鮮人が多く住んでいた。1950年代、朝鮮戦争特需で日本は高度経済成長の波に乗った。川口の鋳物産業はその恩恵を受け発展し、社会の断面を映した街である。

 

(現在川口市内には外国人登録者は1万人を超えているそうだが、当時は1000人程度で、その殆どが在日朝鮮人であった)』。小説と映画の「キューポラのある街」から、在日朝鮮人が川口市の鋳物工場において労働者兼現場工作員として従事していたことが推測されます。《在日朝鮮人を使って祖国への送金の工作活動を行う朝鮮総連》には、『在日朝鮮人が多く存在する理由としては、戦時中の日本が植民地の朝鮮半島や中国の人たちに対して行った「強制連行」があります。1937年に日中全面戦争に突入して以降、労働力や軍要員の不足を補うために、日本は国策として強制連行を実施しました。

 

朝鮮人、中国人を日本内地、樺太、南方の各地に投入しました。駆り集め方が強制的であったために「強制連行」と呼ばれます』と記されています。明治43(1910)年の大韓帝国の併合から昭和20(1945)815日、第二次世界大戦終結までの35年間、日本は朝鮮半島(現・北朝鮮と韓国)を統治していました。朝鮮半島統治下において朝鮮人を強制労働に利用するために日本に動員していました。特に、戦時中、朝鮮人を各地の重労働に使役していたのです。在日朝鮮人の源流がここにあります。当時の在日朝鮮人が、現在のクルド人と重なります。

 

強制労働に動員された朝鮮人は松取りの犠牲になった人たちもいると推察します。「キューポラのある街・北朝鮮」のワード検索でヒットした《キューポラの街の原風景(映画・キューポラの街に関して)》のサイトは、ヤフーもグーグルも通常のクリックで表示できずにキャッシュでしか内容を見ることができません。ダックダックゴーの検索では表示もされませんでした。支配層にとっては、川口市の鋳物工場での在日朝鮮人の歴史は秘密にすべき大事な情報なのだと思います。それは、川口の地が支配層にとって重要な工作拠点である証でもあるのです。

 

歴史的にも、八咫烏の鶴派と亀派が入り混じり、鶴亀を戦わせて利益を得る八咫烏同和派の大きな拠点だったと見ています。それだけ裏に大きな松利権があるからです。「キューポラのある街」の原作者の早船ちよは、作品を通じて隠された真実を解き明かすヒントを置いたのです。「キューポラのある街」の原作者の早船ちよ(1914-2005)の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「工作員」と伝えられました。早船ちよは、島崎藤村やさくらももこと同様に、隠された闇を終わりにする役割を担う八咫烏工作員だったと捉えています。(つづく)