210908-H-NI589-089


水原一平の違法賭博問題を捜査する米国土安全保障省の捜査機関「HSI(国土安全保障捜査局)」を追っていきました。HSI(国土安全保障捜査局)を調べると《Amazon》には、『HSI(Homeland Security Investigations)はアメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)移民・関税執行局(ICE)に属する機関。 旅行、貿易、金融、移民といった制度を不法に悪用する犯罪組織から国内の資産を守ることを目的に設立された』と記されていました。ICEの下部組織がHSIのようです。ICEを調べると《アメリカ合衆国移民・関税執行局(ICE)-wiki》がありました。

 

ICEは、支配層の工作としての「テロ」に深く関わる組織です。『アメリカ合衆国移民・関税執行局(U.S. Immigration and Customs Enforcement)は略してICE(アイス)とも呼ばれ、アメリカ合衆国の移民法及び関税法を執行し、米国内の多国籍組織及び外国人の犯罪及びテロ行為を調査することを目的とした米国連邦政府の国土安全保障省(DHS)に属する機関である。旧・出入国管理及び移民局[概要]ICE400を超える連邦法の下に執行を行ない、入国管理の執行、テロの防止、人と物の違法な移動との闘いに焦点を当てている。

 

仕事の内容は、米国の安全に関する捜査(Homeland Security InvestigationsHSI)および執行・排除活動(Enforcement and RemovalERO)に集約される。ICEは米国の大使館などの海外代表部に置くアタッシェ(Attaché)と連絡を密にしている。ICEは国境を巡回する訳ではなく、それはICEの姉妹機関に当たる同省の税関・国境警備局が担当している。[歴史]米国移民・関税執行局は2001911日のアメリカ同時多発テロ事件を受けて、翌年の2002年に成立した国土安全保障法(Homeland Security Act)に基づき200211月に国土安全保障省が成立した。

 

更に200331日に機構の再編成により捜査関係を集約して成立した。[おとり捜査]移民・関税執行局は、不法入国、不法滞在者をあぶり出すおとり捜査も行う。例として、実在しない架空の大学「ファーミントン大学」のホームページを作成し、2019年までに同大学への入学を口実にビザを取得、アメリカ国内に滞在した外国人、ブローカーら約250人を逮捕する極めて大掛かりな捜査を行ったことがある』。HSIは、ICE(アメリカ合衆国移民・関税執行局)の中の捜査機関であり、ICEDHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)に所属する機関です。

 

国土安全保障省が成立したのが2001911日のアメリカ同時多発テロ事件(911)である故に、支配層DSの工作機関であることが分かります。911そのものがDSの自作自演の工作だからです。911同時多発テロについては《北朝鮮による日本人拉致問題とは何か》で言及しています。記事で引用した《CIA工作員最期の告白: 9.11 WTC7は我々が爆破した》には、「79歳の退職したCIAの諜報員マルコム・ハワードは、余命わずかな時に、彼が9.11で破壊された第3の建物であるワールドトレードセンター7の「制御された爆破」に関与したと話している」とあります。

 

911同時多発テロの世界貿易センタービル倒壊は、CIAの工作だったのです。ビルに旅客機が突入する映像の中には、合成して作られた映像もあると見ています。911同時多発テロ全体としては、米国軍産複合体を含む支配層DSが仕組んだ大規模工作という陰謀だったのです。経験的に今の闇の世の中において、安全・防災・セキュリティの領域には、支配層のマッチポンプの工作の闇が絡んでいると捉えています。公式サイトには、ICE運営幹部の役職名と顔写真が掲載されており、2名をワーク対象に選びました。

 

アメリカ合衆国移民・関税執行局の局長代理・パトリック・レックライトナー(Patrick Lechleitner)と国土安全保障調査担当・カトリーナ バーガー(Katrina W. Berger)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「現場ヤクザ。でも役割がある」「術師」と伝えられました。ICEの上部組織のアメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)の情報はwikiに記載されています。『アメリカ合衆国国土安全保障省(United States Department of Homeland Security、略称: DHS)は、アメリカの行政機関のひとつ。公共の安寧の保持を所掌事務とする。

 

2001911日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を未然に防止することができなかった反省を踏まえて、テロリストの攻撃や自然災害等、あらゆる脅威から国土の安全を守るために、200211月に設置された、アメリカ合衆国連邦行政部の中で最も新しい省である。人員規模の点では、国防総省と退役軍人省に次いで、3番目に大きな省である。概ね各国の内務省に相当する行政機関である。その使命は、テロリズムの防止、国境の警備・管理、出入国管理と税関業務、サイバーセキュリティ、防災・災害対策である。

 

アメリカの本土に対する安全保障政策は、ホワイトハウスで開かれる「合衆国国土安全保障会議(United States Homeland Security Council)」により調整される。このほかにアメリカの国土安全保障において特に重要な役割を担う行政機関としては、保健福祉省、司法省、エネルギー省がある。各州においては、連邦のDHSに相当する機関として、OHS(Office of Homeland Security、国土安全保障局)が設けられている。[本部]ワシントンD.C.のネブラスカ通りにある旧セントエリザベス精神病院跡をリノベーションして設置された』。

 

アメリカ合衆国国土安全保障省の本部が旧セントエリザベス精神病院跡のリノベーションの建物に置かれていること自体が、工作拠点を暗示しています。《旧日本軍731部隊に通じる人体実験と松取りにトカゲが関与する精神科病院の闇の仕組》にありますが、精神科病院は松・薬が絡む人体実験などの支配層の工作の闇が潜んでいます。アメリカ合衆国国土安全保障省の長官アレハンドロ・マヨルカス(Alejandro Mayorkas・キューバ出身)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「多様性の両性」と伝えられました。マヨルカスは、米国が敵対するキューバ―から難民として逃れてきた家系に由来する工作員だと感じます。(つづく)