320px-Sasaune_kodo07s3200


宇宙素粒子物理学の研究施設である「カミオカンデ」「スーパーカミオカンデ」の源流となるのが「神岡鉱山」です。「神岡鉱山」の情報はwikiに記載されています。『神岡鉱山は、岐阜県飛騨市(旧吉城郡神岡町)にある亜鉛・鉛・銀 ・石灰鉱山。20016月に亜鉛・鉛・銀の採掘を中止した。[概要]奈良時代養老年間(720年ごろ)には既に採掘が始まっており、明治7(1874)に三井組が経営権を取得、近代化により国内初のトラックレス・マイニング法を取り入れるなど、大規模採掘を続けていた。

 

三井組経営から閉山までの総採掘量は、約130年間で7,500万トンにも達し、一時は東洋一の鉱山として栄えた。飛騨片麻岩中に含まれる結晶質石灰岩を火成岩起源の熱水が交代したスカルン鉱床で、主な鉱床として栃洞坑(とちぼらこう)、茂住坑(もずみこう)、円山坑(まるやまこう)がある。灰鉄輝石を中心としたスカルン鉱物を伴う鉱石を杢地鉱(もくじこう)と呼び、石英や方解石を伴う鉱石を白地鉱(しろじこう)と呼ぶ。鉱山跡地は廃墟となっているが、一部に三井金属鉱業株式会社の100%出資子会社の神岡鉱業株式会社が建ち、鉱物のリサイクルなどを営んでいる。

 

2007年、日本の地質百選に選定された。[イタイイタイ病]神岡鉱山の亜鉛鉱石の主要鉱物である閃亜鉛鉱に含まれるカドミウムを原因とする、富山県神通川流域で発生した大規模な公害である。この公害により最も大きく発生した被害は、布団をかぶせただけで骨折し「痛い、痛い」と叫んでしまう「イタイイタイ病」と呼ばれる公害病である。患者が神岡鉱山を操業していた三井金属鉱業株式会社(当時)を相手取り集団提訴し、1971年富山地方裁判所で患者原告が勝訴。名古屋高等裁判所金沢支部でも勝訴した。

 

日本の四大公害病裁判において、最初の原告勝訴判決で、その後の公害病裁判に大きな影響を与えた。[鉱山町の発展と衰退]神岡鉱山の採掘及び精錬加工によって、鉱山町としての神岡町は、隆盛と衰退を共にした。鉱山最盛期である1950年代後半~1960年代前半は、町民が27,000人以上に膨れ上がったが、鉱山の合理化と採掘中止に伴い、人口転出が続き、現在は11,000人ほどまで減少している。神岡町にある神岡城は、昭和45年に三井金属鉱業株式会社神岡鉱業所の創業100周年記念として建設されたもので、現在も神岡鉱山の施設・鉱石などが展示、紹介されている。

 

町の各所には、鉱員住宅や集会場、共同浴場などが点在しており、鉱山マニアや廃墟マニアを惹きつけている』。神岡鉱山は、奈良時代に始まった亜鉛・鉛・銀・石灰の鉱物を得るための鉱山でした。鉱山の裏には、支配層の松利権があります。《龍泉洞、幽玄銅、安家洞などの鍾乳洞から浮上する岩手の地にある大事な地底世界》には、現在の岩手県紫波郡紫波町にかつてあった佐比内・朴木金山のことを記しています。江戸時代に、京都の山師・丹波弥十郎による隠れキリシタンを使った金の採掘と松取り(松果体収穫)が行われていたと感じています。

 

金を採掘する隠れキリシタンの労働者を密かに松取りの犠牲にした工作が成されていたのです。《腰痛が知らせた松果体収穫の闇が潜む宇部炭鉱と後進の宇部興産の解除ワーク》には、明治以降に宇部炭鉱での採炭が本格化したことで炭鉱都市として急速に発展した山口県宇部市のことが記されています。石炭を採掘するための炭鉱も密かに労働者を犠牲にした松取りが行われていたと捉えています。愛媛県新居浜市にあった別子銅山(べっしどうざん)も同じく裏に支配層の松利権の闇が潜んでいました。

 

別子銅山が基盤の住友金属鉱山を源流とする銅の叡智の封印と松果体収穫を結合した住友財閥》にありますが、別子銅山は、江戸時代に住友家が経営して住友財閥の基盤となりました。金山・炭鉱・銅山などの鉱山は、隠された松取り場であり、精霊の光が闇に変えられて深い闇の地になっていきました。神岡鉱山が閉山した後も、神岡鉱山跡地には、カミオカンデなどの宇宙素粒子物理学の研究施設がつくられて引続き、支配層の松工作拠点になっています。神岡鉱山の亜鉛鉱石の閃亜鉛鉱に含まれるカドミウムを原因とされるイタイイタイ病は、工作の可能性を感じます。

 

鉱山跡地に建てられた鉱物のリサイクルなどを営んでいる「神岡鉱業㈱」を追いました。公式サイトには神岡鉱業㈱の会社概要が書かれています。『商号:神岡鉱業株式会社 所在地:岐阜県飛騨市神岡町鹿間1番地1 代表取締役社長:岡田洋一 設立:1986522(三井金属鉱業株式会社より分離独立) 資本金:46億円 株主:三井金属鉱業株式会社(100%) 従業員数:約600名 事業内容:金属製錬 機能材料・触媒 水力発電・地下利用』。神岡鉱業㈱の代表取締役社長・岡田洋一(三井金属工業出身)本社所在地(岐阜県飛騨市神岡町鹿間1-1)に闇の解除・統合を意図して光を降ろしました。

 

「創価」「いいです」と伝えられました。トップは創価の工作員のようです。神岡鉱業㈱の親会社の「三井金属鉱業」の情報はwikiに記載されています。『三井金属鉱業株式会社は、金属製錬、電子材料製造、自動車部品製造を主な事業とする、三井グループの大手非鉄金属メーカーである。日経平均株価の構成銘柄の一つ。[概要]神岡鉱山採掘からスタートし、財閥解体に伴う三井鉱山(現・日本コークス工業)からの分離により会社設立。設立当初は朝鮮戦争の特需景気により金属価格が高騰、優良企業として業績を伸ばした。

 

しかしながら、1980年代の急激な円高による地金価格の下落、神岡鉱山の亜鉛精錬を原因とするイタイイタイ病に対する補償などで業績は悪化、長期無配となるなど長く経営不振が続いた。業績回復のきっかけになったのは1993(平成5)、宮村眞平が社長に就任。ベースアップ停止、一時金の増減による業績連動型の年収管理制度の導入など時代に先駆けた労務改革、及び、製錬にとらわれない業種転換によって経営再建が行われた。現在は地金などの基礎素材と共に銅箔、2輪&4輪向け排ガス浄化用触媒、薄膜材料などの中間素材、自動車部品などの組み立て加工にも注力している。

 

その結果、総合素材メーカーと呼ぶべき事業内容となっている。自動車ドアロック部品、銅箔で世界トップクラスを誇る。[不祥事]・岐阜県飛騨市の神岡鉱山でじん肺になったのは、会社側の粉じん対策が不十分だったためだとして、富山、岐阜両県の元作業員ら8人が三井金属と子会社の神岡鉱業に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁判所は、会社側の上告を受理しない決定をした。2022920日付。じん肺と認定した6人を含む全員に計約12千万円の支払いを命じた二審判決が確定した。・神通川下流域である富山県婦負郡婦中町(現・富山市)において日本四大公害病であるイタイイタイ病が発生した。

 

その原因は岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水であった』。三井金属鉱業の代表取締役社長は、納武士(のうたけし)です。日刊工業新聞によると経歴は『1986年九州大学工学部卒、三井金属入社。10年三井銅箔(マレーシア)社長、15年取締役、16年代表取締役常務、20年代表取締役副社長、事業創造本部長。61123日生まれ、山口県出身』とあります。三井金属鉱業の代表取締役社長・納武士本社所在地(東京都品川区大崎1丁目11-1)に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「統一」「いいです」と伝えられました。(つづく)