seseragi+2_convert_20190620000339

6月18日夜、新潟県村上市で震度6強を観測する地震がありました。震源は山形県沖の深さ約15キロとされます。新潟県村上市では北西に5センチの地殻変動が確認されたといいます。

 

地震というと「怖い」と思う人が多いのかもれません。しかし、地震は地球の生命活動と言えます。人間が、「くしゃみ」や「あくび」や「しゃっくり」をするのと同じだと思います。

 

「響くから、くしゃみを止めて」と言われても、くしゃみは止められません。これまでの闇の解除のワークから「くしゃみ」「あくび」「しゃっくり」は、体の自浄反応と分かっています。

 

闇のエネルギーが体に入って来ると、それを体外に放出しようとします。体は自然にきれいにしようと反応するのです。地震も同じく浄化するために起こるものです。


地球も人間と同じ、命ある生命体。生命体を維持するための自然な反応なのです。ヒプノセラピーで「地震を怖がるのはエゴだ」と伝えられたことがあります。

 

地震を怖がることは、ある意味、地球を遠ざけることです。地球の生命活動を否定することになります。受け入れて、認めることです。分離しないで統合していくことが重要です。