800px-Kushiro_Port


釧路市のウィキペディアに「名誉領事館」の項目があり、在釧路ベトナム社会主義共和国名誉領事館、在釧路ミクロネシア連邦名誉領事館の2つが記載されていました。名誉領事とは、自国の領事使節が派遣されていない国や地方都市において、その国民の利益の保護及び外国との文化交流の促進などを図ることを目的として、領事業務を委託するために派遣先国民を任ずる官職です。

 

名誉領事は主に領事館のない国に在住するその国の国民が任命されますが、大企業の経営者や地域の名士が任命される事例が多いです。多くの場合において名誉領事は名のとおり肩書きだけ・無報酬の名誉職であるとされます。日本の名誉領事館は、駐日外国公館の1つです。駐日外国公館には、駐日大使館、駐日総領事館・領事館、駐日名誉総領事館・名誉領事館があります。

 

ウィキペディアには、駐日外国公館の一覧がありますが、数は明記されていません。名誉(総)領事リスト(令和3年4月1日現在)からは、日本の在外名誉()領事館は89箇所あることが分かります。在外大使館、在外総領事館・領事館を含めた日本の在外公館や外国の駐日外国公館は非常に多く存在しており、地球を網羅する大きな闇のネットワークの1つになっていると感じます。

 

暗黒ネットワークの利権の享受関係となる最重要国・ベトナム》のワークから日本はベトナムと松利権で深く関係していると感じます。在釧路ベトナム社会主義共和国名誉領事館に注目して、グーグルマップで探すと、釧路市大町1丁目の住所の釧路川の川沿いにありました。旧日本銀行釧路支店や日本政策投資銀行釧路事務所の直ぐそばでした。

 

VIET JO》によると2010929日に、駐日ベトナム大使によって、釧路コールマイン株式会社の中島太郎社長が在釧路ベトナム社会主義共和国名誉領事に任命されています。ネット検索によると、中島太郎は、釧路コールマイン株式会社元社長で、学校法人緑ケ岡学園理事長、社会福祉法人釧路啓生会理事長、畜産・食肉加工会社の大栄フーズ株式会社代表取締役です。

 

釧路コールマイン株式会社は、北海道釧路市に本社を置く、日本唯一の坑内掘石炭生産会社で、1905(明治38)に石炭採掘を開始した安田炭礦が前身であり、旧安田財閥と繋がっています。学校法人緑ケ岡学園は、北海道釧路市にある学校法人です。1964(昭和39)に設立認可され、釧路女子短期大学(家政科)、釧路女子短期大学附属高等学校を開設したのが始まりです。

 

現在は、釧路短期大学、認定こども園釧路短期大学付属幼稚園、武修館高等学校、武修館中学校、社会福祉法人釧路緑ヶ岡学園福祉会を運営しています。子供や若者の学校教育から老人の福祉施設、家畜の食肉加工のビジネスを手掛ける在釧路ベトナム名誉領事がキーパーソンと感じました。釧路という水の場所である光の地とそこに住む人々の光を封じる闇の役割です。

 

駐日ベトナム大使のヴー・ホン・ナム、在釧路ベトナム名誉領事の中島太郎、在釧路ベトナム社会主義共和国名誉領事館に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「金。トカゲ」「ペド。松喰い」「拠点の1つ」と伴侶が伝えて来ました。「仁風林みたいな所も釧路のどこかにあると思う」と続けて言いました。中島太郎が総代長となっている厳島神社も気になりました。

 

厳島神社は北海道釧路市に鎮座する神社で、釧路市民の守護神として仰がれています。知人岬の太平洋を見下ろす台地上に東面して鎮座し、境内には米町公園が接します。市杵島姫命、阿寒大神(あかんのおおかみ)、金刀比羅大神(こんぴらおおかみ)、秋葉大神、稲荷大神、猿田彦大神、海津見大神(わだつみのおおかみ)7柱を祀ります。

 

猿田彦大神は道祖神であり、1872年には熊野大神も祀られていました。1805年、アイヌを使役して漁業や交易を行うために当地に設けられた「クスリ場所(釧路国釧路郡)」の請負人、佐野孫右ェ門が漁業安全を祈願するために安芸国厳島社の分霊を勧請したのが起源となります。厳島神社が開かれるよう意図して光を降ろすと「いいです」と伴侶が伝えて来ました。(つづく)