Akanko


釧路の地を開くために製薬会社と病院のワークも必要だと感じました。ネット検索で釧路市の製薬業を調べると11件の会社がありました。その内、工場を持っている製薬会社は、大塚製薬工場と東光薬品工業の2社でした。株式会社大塚製薬工場は、国内最大手の輸液(点滴剤)メーカーであり、大塚製薬グループの母体企業です。

 

本社は創業の地、徳島県鳴門市の鳴門工場内に置いています。大塚製薬、大鵬薬品工業、大塚化学などを設立した大塚グループの母体企業で、約200社におよぶ「大塚グループ」の源流企業です。一般的に「大塚製薬」という名称が大塚製薬工場か大塚製薬株式会社の両方を意味するケースも多いです。

 

しかし、大塚ホールディングスが設立されたため、その傘下に移行しており、他のグループ会社とは兄弟会社の関係にあります。1921年に、大塚武三郎(1891-1970)によって、大塚製薬工業部(現:大塚製薬工場)が創立され、これが現在の大塚グループの始まりとなります。大塚製薬工場の創業者・大塚武三郎の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「松」と伴侶が伝えて来ました。

 

大塚製薬工場の社長と大塚製薬の社長、会長に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「反社」「松喰い」「松喰い」と伝えられました。大塚製薬工場の徳島県鳴門市にある本社と釧路市音別町にある釧路工場に光を降ろすと「いいです」「入りました」と伴侶が伝えて来ました。東光薬品工業は、東京都足立区に本社を置く製薬会社です。

 

処方箋医薬品、OTC医薬品(一般用医薬品)、医薬部外品、化粧品の研究開発・生産・販売を展開しています。東光薬品工業の創業者兼会長と社長に光を降ろすと「より汚い物をやっている」「サンカ。同和」と伝えられました。東光薬品工業の釧路工場は、釧路市益浦の住所で、大塚製薬工場の釧路工場と同様に海岸沿いにあります。

 

海岸沿いに製薬会社の工場を置いているのは、やはり海岸線を封じるためだと感じます。東光薬品工業の釧路工場に光を降ろすと「入りました」と伝えられました。釧路市の病院は、2つの総合病院を選びました。市立釧路総合病院と釧路赤十字病院をワークの対象としました。市立釧路総合病院は、北海道釧路市春湖台にある市区町村立病院です。

 

道東ドクターヘリの基地病院になっており、釧路・根室圏や北網圏に加えて十勝圏でもドクターヘリの運航を始めています。1872(明治5)に「官立釧路病院」として開設されたのが始まりです。市立釧路総合病院の院長と病院棟に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「分からない」「いいです」と伝えられました。

 

光を降ろす際に、くしゃみが出たので分離の闇があると分かりました。春採湖(はるとりこ)の北側には「ハルトルハランケチャシ」があり、水を封じるために古くから松取りが行われて来た場所と感じます。釧路赤十字病院は、釧路市新栄町にある病院です。北海道内初となる総合周産期母子医療センターに指定されています。

 

釧根地区における周産期・小児救急医療の拠点病院になっています。釧路赤十字病院の歴史は、1904(明治37)創設の「釧路博済病院」に端を発しています。太平洋戦争の最中には陸軍に接収され、1945(昭和20)に「釧路赤十字病院」として開設しました。釧路赤十字病院の院長と病院棟に光を降ろしました。

 

「トカゲ。松喰い」「いいです」と伴侶が伝えて来ました。《キリスト教と戦争を起点とする日本赤十字社の前身・博愛社》にありますが、日本赤十字社は、前身の博愛社の歴史からキリスト教をベースとした松利権の欧州の闇に関わっています。日本赤十字社は、日本全国に92の赤十字病院、79の血液センターを運営しており、ネットワークを形成しています。

 

赤十字病院は救急医療に関して、第3次医療機関に指定されており、血液事業は日本で唯一の献血を原料とする製剤を製造しています。知床、根室、釧路を含めた道東地方(北海道東部)は、日本列島に光を供給する重要な場所です。暗闇にするために封印されて来たのです。釧路の地が開かれて、本来の輝く姿になることを願っています。(おわり)