日々の気づき

日々の体験や出来事を綴っていきたいと思います。自分が感じたこと気づいたことを短い文章でお伝えします。皆さまの光の糧となれば幸いです。

カテゴリ: 統合

「ヘキサデシル」のアナグラムを考えると、「ヘキサ」が「6」なので「6で知る」とも解釈できます。「6で知る」ことは、「6」の意味と「6」から知ることでもあります。「ヘキサデシル」の夢を見たのは、2022年7月8日(金)で、安倍晋三元首相の銃撃死亡事件があった日です。「安 ...

統一教会の闇において、日本人信者の巨額献金の集金システムや自民党の大物国会議員との癒着についてのメディア報道がにぎわっています。統一教会について情報収集をしている中で「日米合同委員会」の重要ワードに着目しました。《hirokoの✿Love&Awakening✿》の記事「日米 ...

6月9日の夜11時頃、ブログ記事を書いていると右側の背中に痒みを覚えました。鏡で背中を見てみる手のひら半分くらいの広さに湿疹が出来ていて、ワークの場所を知らせるサインだと感じました。湿疹が出来た場所は、長野県、静岡県、愛知県の辺りでした。南アルプス周辺は糸魚 ...

漢字の「闇」は、「門」の中に「音」があります。「門」とは、建築物の外囲いに設けた出入口のことです。出入口のある囲いの中に「音」を入れたのが「闇」です。そこから「音」を「縛る」「制限する」「閉じ込める」というニュアンスを感じます。いずれにしても、「音」を封 ...

《【補足】ボヘミアン・グローブとマンハッタン・プロジェクト》によると、1942年8月にマンハッタン・プロジェクトが発足し、その1ヶ月後の1942年9月13日と14日にボヘミアン・グローブのクラブハウスでマンハッタン・プロジェクトのミーティングが行われました。ボヘミアン・ ...

公益財団法人モラロジー道徳教育財団の創立者は廣池千九郎(ひろいけちくろう)です。廣池千九郎(1866年-1938年)は、大分県中津市出身の法学者 、歴史学者、道徳教育者です。モラロジー(道徳科学)の提唱者の廣池千九郎は、慶應義塾の関連校である中津藩の中津市学校に学び、歴 ...

3週間程前に、伴侶が「夢で吉田君が出て来た」と話していました。吉田君とは、伴侶の小学校の同級生の男子の名前だといいます。伴侶の夢で伝えられた「吉田」には意味があると感じていました。「吉田」は、「吉田松陰」「吉田神社」など幾つかの候補がありました。しかし、10 ...

↑このページのトップヘ