日々の気づき

日々の体験や出来事を綴っていきたいと思います。自分が感じたこと気づいたことを短い文章でお伝えします。皆さまの光の糧となれば幸いです。

カテゴリ: 医療

ウィキペディアによると、GAVIアライアンス(GAVI, the Vaccine Alliance)は、子どもの予防接種プログラムの拡大を通じて、世界の子どもの命を救い、人々の健康を守ることをミッションとしたアライアンス(同盟)であり、民間セクター、公共セクターがともに参加する革新的なメ ...

これまでのワークから、西アフリカなど途上国で行われるワクチン計画は松利権(松果体利権)と深く関係していることが分かっています。善意を装い、秘密裏に現地の子供たちの命を奪って黒い利益を得ている巨悪の集団であるディープステートの中核に位置すると感じます。   ...

結核予防会のウィキペディアを見るとシンボルマークは赤色の「複十字」です。「複十字」は、1本の縦棒とそれに交差する2本の横棒からなる十字の一種です。ラテン十字に横棒を1本加えた十字架で、「ロレーヌ十字」とも呼ばれます。   《ロレーヌ十字 - Wikipedia》によると ...

《米国の混乱が象徴するアドレノクロム利権の暗黒ネットワークの崩壊》記事で書いた1月7日の伴侶の夢のキーワードの中に「ベトナム」がありました。4つのキーワードの中の「ベトナム」「結核」「子供の失踪」の3つからベトナムの結核関連と松利権・医療利権が関係していると ...

ロスチャイルドの製薬会社サノフィ、国境なき医師団、WHO(世界保健機関)、UNICEF(国連国際児童緊急基金)などから成る西アフリカのエボラのワクチンキャンペーンから、セッション記事《ポリオワクチン接種の名の下にアフリカの子供たちの松取りをしていた》が思い浮かびました ...

ルイ・パスツール、パスツール研究所とロスチャイルド家の繋がりをネットで調べていきました。《Wine Press Japan》には、仏国系と英国系ロスチャイルド家は、シャトー・ラフィット・ロートシルトやシャトー・ムートン・ロートシルトのオーナーで、ロスチャイルド家が幾つも ...

《第3話 パスツールの遺言とウィルス進化論》には興味深い話が掲載されています。「現代医学は大きな嘘に基づいている。この嘘は少なくとも150年前に遡る。ルイ・パスツールが死の床にあった、1895年あたりまで歴史を遡ってみよう。彼の死に立ち会った人々は、パスツ ...

↑このページのトップヘ