日々の気づき

日々の体験や出来事を綴っていきたいと思います。自分が感じたこと気づいたことを短い文章でお伝えします。皆さまの光の糧となれば幸いです。

カテゴリ: セッション

ここ最近、エネルギーワークをした日の夜11時頃になると、お腹が張る現象が起きていました。エネルギーワークで解除されるのは、もっぱらトカゲ・レプタリアンです。トカゲの解除ワークの初期の頃は、お腹が張る症状は全くありませんでした。お腹が張る症状は、過去に経験が ...

9月12日の電話セッションで「オオモノヌシ(大物主命)」と「鏡」の統合のためのワークを促されました。「オオモノヌシはどこだ?」「鏡って大事?」「1つを埋めて、1つを表に出した」「物部が隠した」などユーモアを交えてヒントを与えてくれたのです。   メッセージの主は ...

光の講座のエネルギーヒーリングの時、「大久保利通」の名前が出て来ました。参加者の藍子さんは、以前のセッションの際、私が「明治維新の人物で過去世があると思うけど誰?」と言うと「大久保利通」と伴侶が伝えて来ました。「なるほど。間違えない」と私も感じていました ...

今日の遠隔セッションは、途中から非常にモヤモヤした気分で、もどかしい感覚になりました。クライアントの方は、土地を開くエネルギーワークを行っている顔見知りの方でした。 ヒプノセラピーにエネルギーワークを交えて、闇の過去世や闇のエネルギー体の統合を目的にして ...

4月下旬、ヒプノセラピーセッションで、クライアントの碧さんが行った諏訪大社関連のワークについて追及して行きました。神社の中にある2つの石の内、1つの石に光が入らなかったといいます。 石に何かいるのかを問うと「氏神様が絡まっている。蛇」と伝えられました。過去世 ...

クライアントの碧さんは、最近のエネルギーワークで厚生労働省(厚労省)に光を降ろした時に、バーンを吹っ飛んだ感じがしました。誰か闇がいるのかを問いかけました。 すると「紀伊国屋がいる」と聞こえたといいます。ヒプノセラピーセッションの中で、「紀伊国屋」について ...

ヒプノセラピーセッションで、クライアントの方に質問をすると「繋がらなくなった」と言いました。誰か光に還りたい存在がいるのかを問うと「早く還してくれ」と答えて来ました。 光に還りたい存在は「悪魔」と名乗りました。「サタン」とも呼ばれる闇のエネルギー体です。 ...

↑このページのトップヘ