日々の気づき

日々の体験や出来事を綴っていきたいと思います。自分が感じたこと気づいたことを短い文章でお伝えします。皆さまの光の糧となれば幸いです。

カテゴリ: セッション

4月の輝く地球・光の講座の時、受講者の智子さんのヒプノセラピーで「飛行機が飛ぶ原理を明らかにして欲しい」と伝えられました。智子さんの実家には、父方の先祖が作った木製プロペラが遺っていました。プロペラには「日本楽器製造株式会社」と記されていました。日本楽器製 ...

新年あけましておめでとうございます。昨年は、本ブログ「日々の気づき」を読んで頂きましてありがとうございました。今年、2022年も、日々、自分が気づいた目に見えない世界やスピリチュアルな世界について綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ...

先日のセッションは、思いがけない展開でした。クライアントの方は魂の故郷が「リラ」でした。「リラ」については過去のヒプノセラピーでも伝えられています。リラは本来の光としての火山やマグマの「火」を担当していました。「水」を担当していたのはシリウスです。「火」 ...

7月上旬、「聖徳太子」と「八咫烏(やたがらす)」のテーマのセッションがありました。クライアントの由美さんは、埼玉県の土地を開く役割のある方でした。浅間山を含む秩父の地のワークを行っていて、「観音の始まりの人と場所がまだわからずモヤモヤする」「聖徳太子に光を下 ...

先日のセッションで、純粋なエネルギーが解放される時に来ていると感じました。クライアントの方は、浅間山を開く役割のある方でした。事前に姉妹でワークをしていて、「ヤマトタケルノミコト(日本武尊)」と「スサノオ(素戔嗚尊)」が主に関係していると話していました。いず ...

6月の光の講座で、参加者の美佐子さんの闇の解除・統合のエネルギーワークを行いました。簡易ヒプノセラピーで美佐子さんと対話し、統合すべき闇を探っていきました。誰か光に還る必要のある存在はいるのかを問うと「鳥みたい。カラス。フクロウ」と答えて来ました。私は、美 ...

クライアントの由美さんは、これまでのセッションから秩父を中心とした埼玉の地を開く役割を担っている方だと分かっていました。6月中頃のセッションでは、「平将門(たいらのまさかど)を光に還したい」という要望でした。由美さんは自分のワークで、「胸と首が苦しい」という ...

↑このページのトップヘ