日々の気づき

日々の体験や出来事を綴っていきたいと思います。自分が感じたこと気づいたことを短い文章でお伝えします。皆さまの光の糧となれば幸いです。

カテゴリ: 歴史

アメリカ側全権マシュー・ペリーと日本側全権の林復斎が交渉して締結した日米和親条約ですが、日米和親条約を修補する目的として下田の地で結ばれたのが「日米追加条約(下田条約)」です。wikiには、『日米追加条約は、1857年6月17日(安政4年5月26日)、初代アメリカ合衆国総領 ...

文春記事の中では、4月18日、森喜朗元首相が都内の事務所でノンフィクション作家の森功氏のインタビューに応じた際に、『森元首相が「キックバックを復活させるかどうか議論したとされる会合の日、私は東京オリンピックの後始末のために静岡県の下田へ行っていました」と話し ...

2024年3月31日(日)、右肩の甲骨付近に軽い痛身を覚えました。ワークを場所を教えるサインであり、感覚的には埼玉県だと感じました。グーグルマップで埼玉県を調べていくと「川越市」に目が留まりました。川越市は埼玉医科大学関連のワークで記憶がありました。《皇族やダライ ...

星野リゾートの歴代社長や関係者について調査とワークを行っていきました。星野リゾートの初代社長・星野国次(くにじ)と2代目社長・星野嘉政(よしまさ)の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「DS」「DS」と伝えられました。やはり、DSというエゴの闇が大きな支配層の工作員 ...

戸塚ヨットスクールのシンボルマークに着目しました。公式サイトの左上に掲載されている戸塚ヨットスクールのシンボルマークは、赤色と黄色の4つ羽の風車の形をしています。左回りの風車の形です。経験的に、家紋などと同様にシンボルマークは、その家や会社の働きを示唆して ...

クルド人問題は、在日クルド人だけの問題ではなく、在日クルド人を現場工作員として使っている日本の支配層が黒幕であり、大きく関与していると感じます。在日クルド人は、日本の支配層の松利権工作の仕組に組み入れられているのです。クルド人問題が表面化している埼玉県川 ...

埼玉県川口市のクルド人について収集したネット情報の中で注目した場所の2つ目は、「芝園(しばぞの)団地」のある埼玉県川口市芝園町です。2024/1/21のFRIDAYの記事には『埼玉県川口市の西端にある「芝園団地」は約4500人の住民のうち、6割近くが外国籍だ。40年近くこの団地に ...

↑このページのトップヘ