2月4日、数日前から左耳が火照るようになり、闇の解除のサインだと感じていました。感覚的に左耳は、日本列島における秋田県の男鹿半島辺りでした。ワークの流れからすると、湧水のある光の場所を封じるための松取りの場所かもしれないと感じました。「男鹿半島×湧水」でネ ...